古雪椿は勇者である

評価:B

原作:結城友奈は勇者である

ジャンル:再構成

主人公:オリ主

投稿サイト:ハーメルン

幼馴染に憑依された!?


三ノ輪銀の死――。
眼前に幼馴染の死を見せつけられた古雪椿は、認めたくなかった。
お役目だから……。
そんな言葉で軽々しく友人の死を受け入れられるほど大人ではないのだ。
喪失感を抱えて歩いているとき、ふと彼女の声が聞こえた。
頭がおかしくなったのだろうか。
いや、たしかに、幼馴染の、三ノ輪銀の存在を感じたのだ。
彼女は死してなお、幼馴染のそばにいてくれた。
しかし、椿は勇者の運命を見ることになる。

結城友奈は勇者である-勇者の章-Blu-ray

新品価格
¥16,855から
(2018/2/15 19:53時点)

「結城友奈は勇者である 勇者部活動報告~ラジオの章~」DJCD

新品価格
¥3,980から
(2018/2/15 19:57時点)


勇者に憑かれた勇者


これは、三ノ輪銀の幼馴染が、背後霊となった銀とともにバーテックスに立ち向かう『結城友奈は勇者である』二次小説作品です。
主人公と三ノ輪銀は幼馴染。
友達より大切な存在。
ある日、もの言わぬ姿で帰ってきました。
それをお役目だからと、納得できようものか。
彼の悲痛な叫びに呼応するかのように、銀の声が聞こえる。
これは幻か、夢か?
いいえ、たしかに銀は、幼馴染のそばにいたのです。
幽霊となって。
一つの身体に二つの魂という、奇妙な生活が始まった主人公。
彼は、銀とともにいることで、真珠様や、お役目、勇者の存在を知ることとなります。
幼馴染の死因となったものを前に、主人公はどのように行動するのでしょうか?




【PC/スマホ版】古雪椿は勇者である

【携帯版】古雪椿は勇者である



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする