魔道の世界に巻き込まれた一般人(笑)の物語

評価:A

原作:トリニティセブン

ジャンル:勘違い

主人公:幼女

投稿サイト:ハーメルン

彼女は、いつもどおりに起きて、いつもどおり朝食を食べて、いつもどおり学校に向かうというごく普通の生活をしていた。ライトノベルの主人公補正などは断じてありえなかった。しかし、彼女の普通の日常は唐突に終わりを告げる。世界の崩壊――。
地形が消失し、人々が光の粒子となって消えていく光景。数秒後には、彼女も消える……と思っていた。その事象は、彼女を素通りしたのだ。いつの間に、ご都合主義な主人公補正スキルを手に入れたのだろうか。それでも彼女は一般人だと言いつづける。

トリニティセブン 7人の魔書使い (13)
奈央 晃徳
KADOKAWA/富士見書房 (2016-01-09)
売り上げランキング: 397

これは、世界崩壊に巻き込まれた自称一般人の『トリニティセブン』勘違い二次小説作品です。普通の生活をしていた一般人が、実は魔王と大差ない力を行使していた。本人は、特殊能力なんてないつもりなのに、周囲が主人公の容姿や能力に恐れを抱いてしまいます。基本的に、各話前半に主人公視点、後半に第三者視点で進みます。トリニティセブンを知らなくても問題なく読めますが、専門用語が多いため、原作を読んでおくと、世界観の理解が深まり、作品をよりおもしろく感じられると思います。


【PC/スマホ版】魔道の世界に巻き込まれた一般人(笑)の物語

【携帯版】魔道の世界に巻き込まれた一般人(笑)の物語



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする