とある科学の傀儡師(エクスマキナ)

評価:B

原作:とある科学の超電磁砲,NARUTO

ジャンル:転生,クロスオーバー

主人公:サソリ

投稿サイト:暁

学園都市のサソリ

今から始まるのは、砂隠れの里で生まれた傀儡使いのサソリが主役の舞台である。
演じる舞台は、『学園都市』。
超能力開発を行う最先端技術のある場所。
そこに、転生術によって飛ばされた赤砂サソリは、超能力と呼ばれる、忍術に似たチカラを目撃します。
忍びの世界から、科学の最先端を行く世界に来たサソリは、学園都市第3位の<<超電磁砲>>とその友人たちに拾われ、事件に巻き込まれていく。

女子生徒と話すサソリは楽しそうだ。


これは、NARUTOの忍びが、超能力開発の学園都市に転生した『とある科学の超電磁砲』二次小説作品です。
死んだサソリが転生忍術によって生まれ変わった行く先は、学園都市でした。
科学技術の最先端を行く場所は、サソリにとって未知な部分が多く、ICカードやパソコンなどを用いて、サソリの世界との違いを細かく描いているのは良かったです。
また、レベルアッパーなどの超能力の事件に忍者のサソリがどう関わるのか疑問はありましたが、忍術が捜査の手助けになるとは思いませんでした。
超能力者と忍び、勝つのはどっち!?






【PC/スマホ版】とある科学の傀儡師(エクスマキナ)

【携帯版】とある科学の傀儡師(エクスマキナ)


二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村