「 クロスオーバー 」一覧

ハリーポッターと新聞記者

ハリーポッターと新聞記者

今日も清く正しい射命丸文は、自分の発行している文々。新聞のネタを探していた。 そこに妖怪の大賢者八雲紫から声がかかる。 「幻想郷が滅ぶかもしれないわ」 事態の重大さを重く受け止めた文は、潔く紫の話に乗っかるのだ。 出張取材するのは、幻想郷の外の世界、イギリスのホグワーツ魔法学院。 「あれ、これはアリスさんやマリサさんが、行くべきでは?」

GAMERA /シンフォギアの守護者

GAMERA /シンフォギアの守護者

彼女、草凪朱音は前世というものを持っていた。 前世では、ガメラという生物兵器だった彼女は、何の因果か、人類に脅威を振るうノイズという存在に立ち向かうための武装を手に入れた。 シンフォギアを纏った彼女は、ノイズを潰す。 人間に生まれ変わるも、再び戦いを宿命づけられたガメラは、何を見る?

真祖の吸血鬼と禁忌教典

真祖の吸血鬼と禁忌教典

帝国の王女アリシア七世は、真祖の吸血鬼アーカードに最後の命令を下す。 ルミア=ティンジェルの僕になれ。 彼女のラストオーダーを守り、ルミアと常に行動をともにし、あらゆるものから守ってきたアーカードは、アルザーノ魔術学院にも通うことになる。 しかし、ある日を境にアーカードは美少年の姿をやめ、美少女の姿をとり出した。 姿形など些細なこと。 ルミアを守るのに何ら支障はない。 だが、グレン=レーダスと出会ったとき、彼女にはやな予感がしてならなかった。

このきっと素晴らしい世界で美遊に祝福を

このきっと素晴らしい世界で美遊に祝福を

衛宮士郎は、妹の美遊を守るために、その他のものを捨てた。 ボロボロになりながらも美遊を守ってきたが、やはり限界が近い。 士郎は、聖杯に願う。 妹を幸せにしてやってほしい。 しかし、美遊も士郎の幸せを願っている。 二つの願いは、聖杯に聞き届けられた。 美遊を幸せにできる世界に転移する。 だが、転移させられてたのは、知能の低い日本担当女神がいる死後の世界だった。

ロクでなし魔術講師と半端者

ロクでなし魔術講師と半端者

ハーレムだかハーレスだったか? そんな名前の担任講師は、比企谷八幡は自分の手には負えないと教育を放棄した。 セリカ=アルフォネア教授の助言で二年次生二組への移籍がきまった。 その組には、非常勤講師がいるらしい。 明日がこなければいいのに……。 そして、誰かから仕組まれたように、グレン=レーダスと再会する。

ハクトウワシは正義を求める

ハクトウワシは正義を求める

セルリアンという謎の生物が現れ、ジャパリパークは今日もどったんばったん大騒ぎ。 そこには、スカイダバーズという急降下大好きの集まりがあった。 そのフレンズの一人であるハクトウワシは、赤い横線の入った飛翔体を発見した。 その艦内に潜入したハクトウワシは、赤く不気味な四面体を発見する。 それに、攻撃を叩き込んだ瞬間、ハクトウワシはジャパリパークから消失した。

【モンハンからやってきた】古龍のフレンズ

【モンハンからやってきた】古龍のフレンズ

ハンターに狩られた風翔龍は、自分の声が本来のそれとは違うことに驚愕した。 自分の姿を確認すると、まるで憎き敵の人間のようではないか!? さらに、現在地を確認すれば、ハンターと戦っていた雪山の姿などどこにもない。 風翔龍は、人間っぽいなにかになってしまったが、未知の世界を歩きまわり、情報を得ることにした。

NO IMAGE

【魔法少年NARUTO】君を守る為に君を売る

うずまきナルトは、里の者から化け物扱いされていた。 なぜ、どうして、と疑問に持つが、答えてくれるものはいない。 しかし、とある情報屋が、彼の疑問に代金を払うことで教えてくれたのだ。 情報屋は、これから後に起こる戦争のことまで知っている。 ナルトは、金銭を払うことで情報をもらい、木の葉の里を守ると誓った。

横島MAX(よこしまっくす)な魔法科生

横島MAX(よこしまっくす)な魔法科生

この度、司波兄妹が入学した魔法科高校。 そこには、とんでもない問題児がいる。 入学からわずか3日にして、風紀委員に山のように苦情がよせられる。 それは、すべてひとりの男が引き起こしていた。 横島忠夫、重度な女好きなナンパ野郎だ。 達也は、彼の能力に警戒するが、性格にも警戒した方が良さそうだ。 いつ、深雪にいやらしい目が向かうか分からない……。

ルイズと動く図書館

ルイズと動く図書館

パチュリー・ノーレッジ。 知識と日陰の少女は、今日も本を手に読書中だった。 いつもどおりの風景は、唐突に邪魔が入った。 遠い地、ハルケギニアからの召喚扉が開いたのだ。 その魔法に興味を持ったパチュリーは、扉の先にいる人物にコンタクトを取る。 湧き上がる探求心を抑えられないパチュリーは、召喚主ルイズのもとにやってきたのだった。