「 転生 」一覧

NO IMAGE

転生者は平穏を望む

享年33歳。 おっさんは、働き盛りだったが、その過密な重労働で、ついに息を引き取った。 そして、現在は11歳の小学生。 まさか転生、おまけに経験引継ぎという強くてニューゲームな現象を体験した少年尾形隆史は、過労死などという死に方をしないために、平穏な生活をするという願いを持っていた。 しかし、無情にも転校に次ぐ転校。 親の仕事により、各地を転々とする日々を送っている。 その頃に出会った姉妹、そして、戦車道。 どうも、尾形少年は平穏などとは無縁らしい。

NO IMAGE

あの子はこの世界が嫌い

孤児院にいた少女に、髭のフサフサしたお爺さんが訪ねに来た。 彼の名は、アルバス・ダンブルドア。 ホグワーツという魔法使い育成機関の長である。 彼が告げたことが引き金となり、少女の前世の記憶がよみがえる。 全世界を魅了した名作となった世界に、自分は存在していると悟ったのだ。 ダンブルドアも目的は、自分を引き取りにきたという。 何も考えなしで行動する御方ではない。 そう考えた少女は、ダンブルドアの話に乗って、ついていくことにしたのだ。

この世界で伝えられる事を探して

この世界で伝えられる事を探して

戦車道において西住流と競うかの如く有名な流派、島田流。 島田千代の息子は、前世の記憶を持っていた。 幼い頃に、神様と称する管理者に出会い、なぜかクエストを出題された。 戦車道の強豪チームの人物と○○するというようなお題である。 クエストを達成しなければ、とんでもないことが起こるらしい。 神様の恐喝とも言える言葉に怯みつつも、クエストを達成するために主人公は、島田家を飛び出し、ストリートライブを行うことにする。

NO IMAGE

【ザナック転生】黄金の日々

リ・エスティーゼ第二王子王国の第二王子として生まれたザナックには、前世の記憶があった。 そこは、腐敗した世界。唯一の楽しみが、ユグドラシルというゲーム。 滅びゆく前世の世界のことなど、どうでもいい。 そんなことより、妹がサイコパスだった件。 どこで育て方を間違えたのか。 可愛い妹のラナーはクライムくんにご執心のようだが、なんとか普通の少女になってくれないものだろうか? そんな悩みを抱えるザナックに、さらに胃を痛める事案が発生する。 アインズ・ウール・ゴウン。 その名を知ったザナックの胃は、やはり苦しみだした。

デート・ア・ライブ てぃーえすエディション

デート・ア・ライブ てぃーえすエディション

天宮市において、最強の女誑しである五河士道は、強制的に精霊という存在と、デートしてデレさせることをしている。 このラノベ的ハーレムスキルを持つ士道の巧みな話術によって、次々と陥落していくヒロインたち。 しかし、その感情を認めたくはなかった者もいた。 なぜなら、彼女たちは元々男性個体だったのだから。 心の奥底からあふれ出す感情を認めたくはなかった。 男だったはずの自分を捨てたくはなかった。 しかし、彼女たちの感情は止められない。

チート転生者 in キャンプ物

チート転生者 in キャンプ物

剣と魔法の冒険が待っている。 転生という二文字の言葉を聞くと、ファンタジーな世界と結びついてしまうのは、一部の業界では致し方ないこと。 転生特典と言えば、ファンタジー世界で生き残る必要のある能力を選ぶのがニーズだった。 今日も、どこかの世界線で、転生のチャンスを得た少年? がいた。 彼は案の定、ニーズに従って、転生特典を選んだ。 そして、彼はミスを犯した。 転生した先は、現代と相変わらずののどかで、ある意味物騒な世界だったのだ。 彼は、異常なほどの能力を持ちつつも、日常を謳歌する。

ストライクウィッチーズ 旭日の翼

ストライクウィッチーズ 旭日の翼

北極海上空で繰り広げられているドッグファイトの当時者である青年は、敗北した。 それすなわち、戦死を意味する。 彼は文字通り撃墜されたのだ。 しかし、彼が目覚めたところは、天国という場所ではなく、未確認巨大建造物、得体の知れないものが眼前にいたのである。 それは、赤いビームを照射し、彼を襲う。 彼は自慢の愛機、紫電・桜にて応戦するも、二度目の敗北を認めざるを得ない。 ところ変わり、扶桑皇国上空のウィッチ隊は、人が落下していく様を確認した。 所属不明のウィッチかと思われるが、彼と同様の銃器を持つ彼女はいったい――

もはや人間ですらない俺はどうすればいいでしょう!

もはや人間ですらない俺はどうすればいいでしょう!

ぶるああああああ! 発狂した彼の名前は、バルバトス。 テイルズではない。ガンダムだ。 バルバトスは骨董品だが、人工知能を搭載したひと際変わっているガンダムである。 だが、この人工知能は、ナビゲーションなどの役割を果たしていない。 なぜなら、個が存在しているからだ。 彼は、いつの間にかバルバトスになっていただけの、人間なのだから。 人を捨て、機械と化した彼は、搭乗者三日月オーガスとともに、行く手を阻む者を破壊する。

【すべて知っている未来さん】393に転生しました

【すべて知っている未来さん】393に転生しました

とある日、目が覚めたら生涯共にしたAIBOがなくなっていた。 AIBO~~~。 だが、別に未練はない。 今はないなりに生活できているのだから。 そして、前世の記憶を垣間見ると、見覚えのある元気いっぱいな様子で「ウェヒヒww」と笑顔を振りまく少女は、おそらく立花響。 やはり自分は、小日向未来になってしまったのだと感じていた。 原作でもわかる通り、未来は響が大好きなのだ。 そして、自分も響が大好きなのだ。 彼女は原作知識を活かして、立花響を幸せにするために奮闘する。

元プロのおしごと!

元プロのおしごと!

将棋界歴代2位という偉業を成した老人は、静かに息を引き取った。 しかし、彼は気づいたら赤ん坊になっていた。 再び頂点を目指せという神の意志だろうか? 将棋はしたいが、プロになるのは乗り気ではない。 どこからか、史上初七冠の名人の話を耳にした彼は、その名人と対局するために、再び盤の前に座る。