「 転生 」一覧

NO IMAGE

転生河童の日常譚

幻想郷。 それは、ヒトから忘れられた者たちが集う楽園。 妖怪や神様、妖精、亡霊まで、怪異と呼ばれる者が住まう土地。 妖怪の山には、一区画に近代的な、和に似つかわしくない建造物がある。 それは、幻想郷のエンジニア、河童という種族がいることを表している。 さて、滝涼みずはという河童は、河城にとりと同じくエンジニアなわけだが、彼女には、誰にも言えない秘密があった。 彼女は、幻想郷の外に住まう人間だったのだ。 転生輪廻の輪から零れ落ちたのか、はたまた、閻魔の四季映姫によって裁かれた結果なのか、今世は人間であらず、妖怪の河童に転生した。 さりとて、人間と別段変わったことはない。 寝て、起きて、食べて、寝る。 何も変わらない。 彼女は、河童ライフをただ楽しむのだった。

世界が俺を殺しにかかってきている

世界が俺を殺しにかかってきている

パチンッ。 オリ主、そんな運命で大丈夫か? 大丈夫だ、問題ない。 ふと中二病という単語を思い出した鯨澤聖那は、この世界ではない魔導というものが存在しない、科学技術が発達した俗に言う『現実』の世界を思い返した。 要するに、前世の記憶を浮かべていたのだ。 その単語のとおり、転生して魔法よろしくファンタジーな世界に存在することを噛みしめる。 しかし、聖那の生きる世界は、魔導遺産とか、魔女狩り戦争とか、異端審問会などなど、物騒な単語が並ぶ。 なるほど、対魔導学園35試験小隊、通称、雑魚小隊のいる世界か。 あ、これ死ぬかも……。 神は言っている、ここで死ねと。

【フレンドリーな英雄王】人理を照らす、開闢の星

【フレンドリーな英雄王】人理を照らす、開闢の星

ただただそこにいた存在は、死を迎えた。 その感覚に身をまかせ、喪失感に浸りながら消えようとしていた。 しかし、それは死にたくないと思ってしまった。 死の間際に、ようやく自己を確立したのだ。 それは、謎の存在の導きによって、とある世界のマスターのサーヴァント、英雄王ギルガメッシュとして転生する。 中身は空っぽ故に、慢心も油断もしない英雄王は、カルデアのマスターたちとふれあい、人格を確立していく。 慢心しない英雄王は、立派に仕事をする!

俺は、農業がしたかっただけなのに……!

俺は、農業がしたかっただけなのに……!

ハァ、テレビもねえ! ネットもねえ! 娯楽もねえ! 現代社会から隔絶された緑豊かな風景が広がるそこは、まさしく異世界だった。 まさに中世のような社会を表したようなファンタジー世界で主人公は生まれた。 現代社会の知識を持っているために、最初は苦労したが、慣れればそれほど苦ではない。 農村で生まれ育ったため、農業に従事していた彼は、ファンタジーの代名詞ともいう魔物の脅威に対抗擦る術をもたない。 しかし、彼は出会った。 ファンタジーに似つかわしくないロボットの存在に。

この素晴らしい世界でも俺のラブコメはまちがっている。

この素晴らしい世界でも俺のラブコメはまちがっている。

ネコを車から救う八幡は、自分の身体をいけにえに捧げた。 そうして、彼は女神アクアの間に誘い出されたのだ。 となりにいるのは、トラクターに耕されたと錯覚して死んだ佐藤和馬。 二人は、特典を選び異世界行きを選択する。 片や、ヒキニート。 片や、ハイスペック頭脳。 おまけで、駄女神。 八幡は、今度こそ、ホンモノを見つけることができるのか?

犯罪者になったらコナンに遭遇してしまったのだが

犯罪者になったらコナンに遭遇してしまったのだが

彼女はやり遂げた。 復讐という名の殺人を。 まだ笑うな……、こらえるんだ。 そう、事件現場に遭遇した第一発見者のごとく悲鳴を上げれば、すべて完璧だ。 しかし、ここには毛利名探偵とおまけのコナンがいた。 主人公様がいるとは、彼女も運がない。 だいたい30分(テレビ番組)の時間があれば難事件も解決してしまう小学生。 なんで、お前がココニイルンダ?

転生したのは涼宮ハルヒの世界だった

転生したのは涼宮ハルヒの世界だった

彼は死んだ。 所詮テンプレ転生である。 そのおわびとして、あらゆることに適応できる程度の能力を貰い、なぜか涼宮ハルヒが中心の世界に転生したのだ。 中学2年の頃に転移した彼は、涼宮ハルヒという人物が世界を変動させていることなど知る由もない。 北高に入学し、キョンや国木田と同じクラスになった喜びもつかの間、涼宮ハルヒという女子生徒の爆弾発言によって、入学後の浮かれ気分は一気に吹っ飛んだ。

【ループ】ラブライブ!の世界に来たのでハーレムを目指すことにした

【ループ】ラブライブ!の世界に来たのでハーレムを目指すことにした

「廃校じゃ、しかたないね♪」 後にスクールアイドルμ'sのリーダーのセリフとは思えない。 ラブライブが存在する世界に転生した主人公は、穂乃果の言ったことが理解できなかった。 彼女が現実を受け入れてしまっていたのだ。 こうして、μ'sが結成するわけでもなく、主人公は肉食系ヒロインに喰われてしまった。 そして、次の日時間が巻き戻っていた。