「 転生 」一覧

転生したダカーポの世界で!!

転生したダカーポの世界で!!

こそばゆい学園恋愛ゲームと名高い『ダ・カーポ』が好きな青年、石橋達生は死んでしまった。 しかし、神様の計らいで生前好きだったゲームの世界のひとつに転生することになる。 それは、あらゆる可能性の世界のひとつ。 史実どおりにいけば、時間の外側から芳乃さくらがやってくる。物語の原点にしてキーとなる人物だが、達生が転生したことによって、その世界の歯車はずれてしまった。 彼は自身がいることによる弊害に頭を悩ませていた。 このままでは、芳乃さくらがやってこない。 霧に包まれるロンドンは、無限ループから脱出しない。 ハッピーエンドは迎えられない。 彼は、結末を迎えるために暗躍する。

【みぽりん不在】大洗みんな素人戦車道

【みぽりん不在】大洗みんな素人戦車道

大洗女子学園は、戦車道を捨てた。 経営難による斬り捨てだった。 しかし、生徒会長により選択科目による履修が可能になったのだ。 戦車大好きな秋山優香里をはじめ、憧れる生徒は多かった。だが、その場に西住みほの姿はない。 この世界は、黒森峰戦車道チームが十連覇達成した世界の物語。

ISのコアになってたので自由に生きよう

ISのコアになってたので自由に生きよう

世界に革命をもたらした存在、篠ノ之束。 女性しか扱えないISの産みの親である。 彼女でも、やはり幸せな家庭というものに憧れをもっていた。 しかし、彼女についてこれる男性など皆無に等しい。 それならば、作ってしまおう。 子どもを作り出した束は、見せびらかしたい思いで、娘をIS学園へ送る。 少女は、ISの新シリーズ、自立型ISモモなのだ!

【シェルブリットのカズヤ】自分の焔牙が拳だった件

【シェルブリットのカズヤ】自分の焔牙が拳だった件

転生というものにあった青年は、少年になっていた。 それも、治外法権なスラムである。 喧嘩に明け暮れる中、ゴスロリ少女が彼の前に現れた。 「私の学園に来なさいな」 その言葉に、二つ返事した主人公は、学園にきた時、ようやく、世界の理を知る。 「これ、アブソリュート・デュオじゃねえか」

NO IMAGE

転生河童の日常譚

幻想郷。 それは、ヒトから忘れられた者たちが集う楽園。 妖怪や神様、妖精、亡霊まで、怪異と呼ばれる者が住まう土地。 妖怪の山には、一区画に近代的な、和に似つかわしくない建造物がある。 それは、幻想郷のエンジニア、河童という種族がいることを表している。 さて、滝涼みずはという河童は、河城にとりと同じくエンジニアなわけだが、彼女には、誰にも言えない秘密があった。 彼女は、幻想郷の外に住まう人間だったのだ。 転生輪廻の輪から零れ落ちたのか、はたまた、閻魔の四季映姫によって裁かれた結果なのか、今世は人間であらず、妖怪の河童に転生した。 さりとて、人間と別段変わったことはない。 寝て、起きて、食べて、寝る。 何も変わらない。 彼女は、河童ライフをただ楽しむのだった。

世界が俺を殺しにかかってきている

世界が俺を殺しにかかってきている

パチンッ。 オリ主、そんな運命で大丈夫か? 大丈夫だ、問題ない。 ふと中二病という単語を思い出した鯨澤聖那は、この世界ではない魔導というものが存在しない、科学技術が発達した俗に言う『現実』の世界を思い返した。 要するに、前世の記憶を浮かべていたのだ。 その単語のとおり、転生して魔法よろしくファンタジーな世界に存在することを噛みしめる。 しかし、聖那の生きる世界は、魔導遺産とか、魔女狩り戦争とか、異端審問会などなど、物騒な単語が並ぶ。 なるほど、対魔導学園35試験小隊、通称、雑魚小隊のいる世界か。 あ、これ死ぬかも……。 神は言っている、ここで死ねと。

【フレンドリーな英雄王】人理を照らす、開闢の星

【フレンドリーな英雄王】人理を照らす、開闢の星

ただただそこにいた存在は、死を迎えた。 その感覚に身をまかせ、喪失感に浸りながら消えようとしていた。 しかし、それは死にたくないと思ってしまった。 死の間際に、ようやく自己を確立したのだ。 それは、謎の存在の導きによって、とある世界のマスターのサーヴァント、英雄王ギルガメッシュとして転生する。 中身は空っぽ故に、慢心も油断もしない英雄王は、カルデアのマスターたちとふれあい、人格を確立していく。 慢心しない英雄王は、立派に仕事をする!

俺は、農業がしたかっただけなのに……!

俺は、農業がしたかっただけなのに……!

ハァ、テレビもねえ! ネットもねえ! 娯楽もねえ! 現代社会から隔絶された緑豊かな風景が広がるそこは、まさしく異世界だった。 まさに中世のような社会を表したようなファンタジー世界で主人公は生まれた。 現代社会の知識を持っているために、最初は苦労したが、慣れればそれほど苦ではない。 農村で生まれ育ったため、農業に従事していた彼は、ファンタジーの代名詞ともいう魔物の脅威に対抗擦る術をもたない。 しかし、彼は出会った。 ファンタジーに似つかわしくないロボットの存在に。