「 再構成 」一覧

NO IMAGE

オーバーロード ~ナザリックの華達は戦っている~

DMMO-RPGユグドラシルのサービス終了日に、プレイヤーモモンガははっちゃけてしまった。 最後だからという理由で、仲間のNPCにいたずらしようというのだ。 マーレを男の娘から、女の子に変更したりした。 ユグドラシルから転移したナザリック大墳墓。 その影響で動き出したNPC。 自信へ向けられる忠誠と愛に、モモンガは広い心で受け止めきれるのか。

Overlord of Overdose ~黒の聖者・白の奴隷~

Overlord of Overdose ~黒の聖者・白の奴隷~

ユグドラシルにして、最悪最強の名を轟かせたギルド「アインズ・ウール・ゴウン」。 仲間たちが次々と去っていくなか、ギルド長のモモンガは、サービス終了日までギルドを維持していた。 そして、サービス終了当日にメンバーを待つモモンガに、サプライズな仲間が駆け付けた。 <<みかか>>というプレイヤーは、突如として音信不通になり、ユグドラシルを去っていたのだ。 しかし、5年の沈黙を破り、彼女はナザリック大墳墓に帰還した。 仲間の帰還を喜ぶモモンガは、最後の最後で救われたような気がした。 これでリアルに戻ってもやっていけそうだ……。 しかし、彼と彼女は、溝を埋めるかのように、長い長い旅に出ていくことになるとは知る由もない。

【オーバーロードひとり旅】わたしはだれ?

【オーバーロードひとり旅】わたしはだれ?

楽しかった日々を懐かしむ骨が一人いた。 ギルド<<アインズ・ウール・ゴウン>>のギルド長モモンガである。 彼は、DMMO-RPGユグドラシルのサービス終了日に、ギルドメンバー全員にメールを送った。 最終日だから、会いませんか?――と。 しかし、モモンガに合いに来てくれた者は、いなかった。 リアルはカウントダウンの始まった絶望な世界。 それならば、いっそのこと自分も消えてしまいたい。 そう願ったモモンガは、とある森にいた。 己の記憶を一切失って。

【まるでゲームのように】私には見える

【まるでゲームのように】私には見える

とある人は、相手のステータスが見える。 そいつは、怪盗キッドの真名だって見えるし、少年探偵団の小学生の本名だって見えてしまうのだ。 相手の持つ装備品も、特殊技能だって見える。 殺人現場では、犯人だってわかってしまう探偵要らずの存在。 ある日、江戸川コナンなる現実世界ではフィクションであろう武装少年に出会った。 声を変えられる装備。 麻酔銃……ホンモノノタマツカイタカッタゼ。 おまけにキック力増強シューズ。 ふつうに生活していれば、まず必要ない武器。 彼に目を付けられたら見える人は、コナンを振り切れるのか?

事務所に来るとPが必ず死んだふりをしています。

事務所に来るとPが必ず死んだふりをしています。

アイドルたちを支えるプロデューサーは、過酷な仕事である。 しかし、アイドルたちを輝かせるために、下げたくない頭であろうと下げるのが仕事だ。 今日も、アイドルたちが来るまでに、スケジュールを確認しておこう。 よっこらせと、腰を上げて、振り向いたその先には――うわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp…… 出社してきたアイドルたちを待っていたのは、変わり果てたPだった。

【乃木園子とほのぼの】幼馴染は○○である

【乃木園子とほのぼの】幼馴染は○○である

乃木園子はお嬢様である。 間宮真央は、彼女の幼馴染であり、神樹館小学校でも同じクラス。 いつでもいっしょの気の合う親友である。 何気ないふつうな日々。 ともに、喜び、落ち込んだり、励ましたり、笑いあったり。 その、ふつうのせいかつが、彼女に支えられていたなんて、間宮真央は知る由もない。

うちの嫁さんは元バンドガールだそうで

うちの嫁さんは元バンドガールだそうで

とあるガールズバンドグループ。 その楽器を奏でる姿に惚れたから、告白してつきあって、見事にゴールイン。 そんな王道を行くのが、普通の話だろう。 しかし、ガールズバンドアフターグロウのメンバーと結婚した彼は、相手の演奏した姿どころか、歌っている姿を見て恋に落ちたわけではない。 何せ、嫁がバンドをしていたことすら知らなかったのだから。

古雪椿は勇者である

古雪椿は勇者である

三ノ輪銀の死――。 眼前に幼馴染の死を見せつけられた古雪椿は、認めたくなかった。 お役目だから……。 そんな言葉で軽々しく友人の死を受け入れられるほど大人ではないのだ。 喪失感を抱えて歩いているとき、ふと彼女の声が聞こえた。 頭がおかしくなったのだろうか。 いや、たしかに、幼馴染の、三ノ輪銀の存在を感じたのだ。 彼女は死してなお、幼馴染のそばにいてくれた。 しかし、椿は勇者の運命を見ることになる。

【天衣ルート】その便意が物語を変えた

【天衣ルート】その便意が物語を変えた

突然の便意をもようした己の師匠を追う九頭竜太一。 下品な清滝鋼介九段をさげすんだ目で見るも、彼から学んで竜王となった彼は、我慢しなければならない。 そんな太一に日本将棋連盟会長、月光聖一はお小言……ではなく、お願い事をするためにやってきた。 彼は、竜王に言い放つ。 「弟子をとってくれまいか?」 無言の圧力が、Yesと言わざるを得ない。 九頭竜太一の一番弟子は、夜叉神天衣であった。

鉄血の子リィン・オズボーン

鉄血の子リィン・オズボーン

七耀暦1203年。 リィン・オズボーンは、トールズ士官学院の門を叩く。 あの、ギリアス・オズボーンの実子が入学してきたという噂は、瞬く間に学院中にかけまわる。 同級生となるトワ・ハーシェルやアンゼリカなど、貴族も平民も、様々な出会いがリィンを待っていた。 リィンの父を討たんとするクロウ・アームブラストもその一人。 宿敵の息子が入学してきて、心穏やかでないクロウ。 父のすることを絶対と信じて疑わないリィン。 彼らの溝は深まるばかりか。それとも――