「 再構成 」一覧

NO IMAGE

デート・ア・ライブ パラレルIF

その日、五河士道は奇妙な女に出会った。地面に倒れた状態ならば、とりあえず肥をかけようという行動も納得がいく。 しかし、彼女はただ寝ていただけだという。 最近も、意識不明になる人が増えているという。 彼女、佐藤千花は、空間震や精霊、ASTなど、一般人とは思えない知識を有している。 果たして、彼女の正体とは?

「お兄ちゃん」って呼ばれたいだけの男

「お兄ちゃん」って呼ばれたいだけの男

男は頼まれれば、なんでもしちゃう万能型である。 彼は、なんでも屋を営み、依頼であれば軽食から本格料理、果ては機械修理もしてしまうという、一家に一台ほしいドラえもん? のような存在。 なんでもできるのだが、彼も人間だから悩みがある。 それは、女子高生から「おにいちゃん」と呼ばれたいのだという。 とんだ、変態だな。

ブレンド・S 男性店員の日常

ブレンド・S 男性店員の日常

喫茶店スティーレは、とある客層から密かに人気がある喫茶店である。 ツンデレな女性店員に、妹属性店員と、コアな客に受け、リピーターもかなりいる。 そんななりきり喫茶で働く高校生、田中純もある意味で個性的だった。 中性的な顔立ちで、女装させればイケるのではないか? こんなゆかいでおもしろい喫茶店で、彼は恋心を芽生えはじめていた。

NO IMAGE

346カフェで働くことは幸せなことなのかもしれない

新田は、346プロが経営している346カフェで働いていた。 高校、大学とアルバイトでお世話になり、さらにそのまま就職したという幸運の持ち主である。 さらに、可愛いアイドルとの接点も豊富であり、ファンがいたら殺気を飛ばしていただろう。 ステージでしかお目にかかれないアイドルをカフェとはいえ、その場で独占できるのだ。 これは、カフェで見れるアイドルと会話を楽しむ物語。

【リィン、リベールに行く】閃の軌跡0 FC

【リィン、リベールに行く】閃の軌跡0 FC

リィンは荒れていた。 ユン老師から修行を打ち切られ、義妹からよ避けられていた。自分が情けなくて、シュバルツァーの家を出た。 兄弟子を訪ねて、向かった先は、リベール王国。 彼は、カシウス・ブライトの娘。 太陽の娘と呼ばれるエステル・ブライトに出会うことになるのだが……。

NO IMAGE

【オーバーロードぶらり旅】弱体モモンガさん

ユグドラシルという大人気ゲームサービス終了最終日。モモンガはギルメンを待っていたのだが、だれひとり姿を現さなかった。 深く悲しんだモモンガは、やけっぱちに超位魔法を連発する暴挙に出る。 レベルダウンしようが、どうでもいいのだ。 失意の中で迎えた時間に、彼は目を開けると、自分の部屋でもナザリックでもない、ただ森が広がっていただけだった。 モモンガは別のプレイヤーを見つけるも、混乱する街の人々に違和感を感じつつも、ゲームの中だと信じていた。 そこはすでに、別世界だとも知らずに……。

スイーツに砂糖は要りません、いや本当に

スイーツに砂糖は要りません、いや本当に

喫茶店ラビットハウスは、今日も繁盛、、、というほどでもないが、落ち着いた雰囲気で人気があり、リピーターも多い。 今日も、看板娘(本人にその自覚はあるかは置いておく)のチノは、頭の上にもじゃもじゃ(ティッピー)を載せて、お客様の対応をしていた。 入口のベルがなり、お客様をお出迎えする。 だが、お客は良く知る人物だった。 クラスメイト男子が来店したのである。 一応、自分が喫茶店で働いていることは、学校ではないしょにしていたのだが、クラスメイトの来店にチノはどうする?

NO IMAGE

【検閲済】■■■■は■■■■■

神世紀298年。 神樹様に選ばれた3人の勇者たち、鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪銀は、安芸先生にとある人物を紹介される。 彼女の名は、天動瑠璃。 鷲尾須美たちよりも2代前の勇者にして、今もなお現役でお役目を担っている大先輩である。 瑠璃は、史実の中でも群を抜いて最強の勇者だった。 しかし、強すぎる故の悩みは多い。 彼女は、戦いの中で見たものに何を感じ、次世代勇者たちに何かを残そうと行動する。 天動瑠璃の、次の勇者に繋げる物語である。

小木曽望乃は勇者である?

小木曽望乃は勇者である?

「あなたたちは、用済みなのよ」 勇者に選ばれた讃州中学勇者部の面々は、後から出てきた大赦公認の勇者に驚愕していた。 一人は、にぼっしーこと三好夏凛。 もう一人は、小木曽望乃。 二人は、完成型勇者だった。 そして、讃州中学勇者部は、そのデータ収集の先見隊。 とりあえず、みんな仲良くしようとするも、ツンデレ夏凛は、拒否をする。 本来は、完成型勇者は三好夏凛一人だが、もう一人のほんわか完成型勇者は、 いったい何者なのか?

ダンジョンで神様を嫁にする為に神を目指すのは間違っているだろうか

ダンジョンで神様を嫁にする為に神を目指すのは間違っているだろうか

神ヘスティアには、家族がいない。 知り合いの神は、ファミリアは大小あれどそれなりの規模を持っている。 しかし、彼女のところにはゼロ。 神は、下界だと能力は制限されている。 だから、彼女は今日もじゃが丸くんを売っているのだ。 今日も仕事にせいを出すヘスティアだが、いつもとは違っていた。 なぜなら、公衆の面前で告られてしまったのだ。 神なのだから、人が好きになるのは当たり前? いや、彼は異常だ。 異常な程に神ヘスティアを愛してしまったのだ。 目と目が合う瞬間から、恋ははじまっていた。 そんな彼に対する、ヘスティアの返事は――。