「 再構成 」一覧

このすば! 俺はまた魔王を倒さなきゃいけないようです

このすば! 俺はまた魔王を倒さなきゃいけないようです

魔王を討伐したカズマは、ウィズの店で掘り出し物を見物していた。 バニルが頭を痛めているのはいつものことだが、今回のウィズは一味違う! ……こともなく、平常運転だった。 ウィズ店長オススメの一品はこちら。 平行世界に跳躍できるカシオペアのような懐中時計だ! それを我先にと、飛びつくカズマパーティ。 もみくちゃにされたアイテムは、強制発動! 平行世界からの帰還条件は、魔王討伐!? 「またかよ~~~~!!!」

脱線ばかりするIS

脱線ばかりするIS

世界初の男性操縦者の織斑一夏とともに、IS学園に入学した男子生徒がいた。 彼は、重要な話をしているというのに、会話を明後日の方向に持っていこうとする。 それは、クラスメイトたちとのおしゃべりならまだ良い。 だが、授業中に話を脱線するのは、明らかな授業妨害だ。 この問題児に便乗する織斑一夏も同罪。 彼は、闘争の最中でも脱線することに定評がある男。 へへへ、ISなんか、必要ねえや!

【桃ちゃんの弟】姉はポンコツ片眼鏡

【桃ちゃんの弟】姉はポンコツ片眼鏡

大洗女子学園の生徒会長角谷杏を支える、メガネがチャームポイントの生徒会役員河島桃。 キリッとしたその姿勢は、一般生徒を震え上がらせる。 だが、泣き虫である。 「どうしよう、ゆずちゃ~~ん!!」 今日もどこかで失敗した桃ちゃんは、親友になぐさめてもらうのだ。 その姿は普段の彼女からは想像できない失態であった。 だが、それだけが彼女の本当の姿ではない。 ちょっとお邪魔して、河島桃の様子をみてみよう。

NO IMAGE

一般人の自称おっさん、アイドル助けたら生活が変わった?

おっさんは、リストラされた。 くたびれたネクタイ、若干しわのあるスーツ。 着おさめとなると、どこかさびしい。 先の見えない未来にため息をつく。 そんなとき、偶然にもアイドルのような美しい少女に、いけないことを働こうとするチャライ野郎が目に入った。 彼は、他人にかまう余裕などあるはずもないのだが、見てしまったものは仕方がない。 いかにも弱そうなガキを一瞬にのしてしまった。 ここからはじまるアイドルとのラブストーリー……、ではなく、 おっさんの就活がはじまる?

【超鈴音(仮)】火星人の異世界生活

【超鈴音(仮)】火星人の異世界生活

ナザリック大墳墓を拠点とする、ギルド<<アインズ・ウール・ゴウン>>。 その一員であるるし☆ふぁーは、凄腕のゴーレムクラフターである。 るし☆ふぁーは、ある日ギルドの仲間たちに、自信作を披露した。 それは、ふよふよと浮いているマインドフレイヤーというクリーチャーの亜種だった。 それが、彼、いや、彼女のはじまりの記憶。 ナザリックから遠い地に落とされた彼は、しらない家で目を覚ます。 そこは、カルネ村という集落だった。

NEW GAME!夢に向かって。

NEW GAME!夢に向かって。

ゲーム会社イーグルジャンプの初出勤の日がやってきた。 鏡の前で身だしなみのチェックをし、期待に胸ふくらませて会社の前までやってきた。 すると、入り口の前でぶつぶつつぶやくスーツ姿の女性が、何事かと声をかけると、自分と同じ新入社員らしい。 同期となる子と入り口でばったりとは、なんという偶然。 彼女は、これから始まるワークライフに興奮を覚えずにはいられなかった。

【古明地さとりロールプレイ】覚り妖怪と骸骨さん

【古明地さとりロールプレイ】覚り妖怪と骸骨さん

かつてアインズウールゴウンに所属していた妖怪がいた。 名を古明地さとり。 彼女は、東方projectのキャラになりきり、ユグドラシルを楽しんでいたのだ。 しかし、彼女はギルドを離れることになる。 自分をリーダーにする地霊殿というギルドを創ったのだ。 ゲームを思い思いに楽しんだ彼女だったが、ゲームが終わりを告げる。 最後の瞬間は、旧友と過ごそうと、さとりはモモンガを訪ねたのだった。

【VS借金取り】ごちうさささ!

【VS借金取り】ごちうさささ!

「きれいな街~、ここなら楽しく過ごせそう♪」 ココアのつぶやく通り、木組みの家と石畳の街はメルヘンの世界に迷い込んだような錯覚を覚える不思議な街。 誰もが笑顔でいられる不思議な街。 野良うさぎという、日本でも滅多にみられない街。 日本なのか、ココ? ともあれ、しあわせな日常の中にも、影を落としているヤツはたしかに存在している。 借金を背負わされた哀れな子羊。 黒服を仕えて、ツインテールをなびかせ、威圧感など出てないけど、恐ろしい。 リゼは満面な笑みを浮かべて、彼に言う。 「借金全額かえして~」

【ニート⇒ニート】この素晴らしいあるえに佐藤和真を!

【ニート⇒ニート】この素晴らしいあるえに佐藤和真を!

佐藤和真は死んでしまった。 女神様(笑)は、彼に3つの選択肢を与える。 異世界冒険に憧れていた彼は、特典に女神自身を選択した。 女神様は当然のごとく抵抗する。 すると、転移システムに不具合が出てしまった!? カズマは、特典も失い、モンスターがさ迷う森に転移してしまった。 平和を満喫し、ヒキーニート(体力なし)な彼が生き残れるわけがない。 死んでまた死ぬとは……。 そんなとき、紅魔族のあるえが通りかかり……

NO IMAGE

真・恋姫†無双 北郷警備隊副長

とあるサラリーマンは、唐突に荒野の真ん中で寝ていた。 状況が読めない彼の元に、悲鳴がとびこんでくる。 声の方に向かうと、ネコミミフードの少女が野党に教われていたのだ。 野党を撃退した彼は、少女から罵倒されていた。 ワケがわからないよ。 少女の名は、 魏の軍師が女性だったことに驚愕するが、彼は三國志時代を生き抜かねばならない。 彼はどこの国に向かうのか?