「 再構成 」一覧

【カリスマ上昇】ハイスクール・フリート 岬明乃の悪夢

【カリスマ上昇】ハイスクール・フリート 岬明乃の悪夢

ブルーマーメイドという誰しもが憧れる職業がある。 それに就くには、幾重にもなる難関を突破しなければならない。 横須賀女子海洋学校にも今年度、ブルーマーメイドに憧れる学生たちが入学してきた。 その中でも、天才的な成績で入学した女子生徒がいる。 岬明乃。 ひたすら勉学に励んだ彼女の胸に溢れる思いは、黒いもので満たされている。

合法ショタ提督とショタコン鎮守府

合法ショタ提督とショタコン鎮守府

たとえば、第六駆逐隊はが人気があるように、小さいというのは、一定の需要がある。 彼女ら艦娘にも、上官に対する好みはある。 渋いじいさんや、ハードボイルドのおっさんより、彼女らが好むのは、ショタだった。 「まったく小学生は最高だぜ」 どこかの世界線で、とある高校生が、小ささに対する魅力を語るように、艦娘たちも提督に言うだろう。 「まったく、ショタ提督は最高だぜ!」

【ティンときた】武内pが訳あってアイドルデビュー

【ティンときた】武内pが訳あってアイドルデビュー

346プロの武内プロデューサーは、自分の仕事に限界を感じ、退職。 しかし、アイドル業界とはきってもきれない縁ができていた。 アイドルイベントで声をかけられ、振り返ると黒い人がいた。 彼こそは765プロダクション高木社長。 武内は、再びアイドル業界の敷居をまたぐ。 今度は、アイドルとして。

【ヒロイン昇格】もしも、藤ねえが同い年だったら

【ヒロイン昇格】もしも、藤ねえが同い年だったら

藤ねえこと、藤村大河。 彼女がもし、衛宮士郎と同級生だったら甘酸っぱい青春を送っていただろうか。 彼女はすでに、衛宮士郎の虜である。 幼馴染の彼女は、衛宮士郎のつくる料理に胃袋をつかまされているのだ。 もはや、彼と彼女の間に入り込む余地などない。 たとえ、桜であっても。

NO IMAGE

【孔明の罠】真・恋姫†無双 ~朱里伝~

管輅という人物から告げられた一言は、少年を驚愕させた。 自分はすでに死んでいて、外史に代役として降りなければならない。 三国志を基盤としているだけで、性別は逆転している世界。 天の御使いとして、彼は半強制的に、戦場に立たなければならなくなった。 全ては隣りの愛する人のために。

【人間武器庫】落第騎士の英雄譚~筋肉の信仰者~

【人間武器庫】落第騎士の英雄譚~筋肉の信仰者~

折場泰山という巨人がいた。 2メートル以上はあるその身体は、見る者を威圧させる。 黒鉄一輝ですら比較にならないほど、ひと目で分かる筋肉はとても美しい。 彼は、筋肉さえあれば、たいてい解決できると信仰している筋肉モリモリマッチョマンの変態だ。 だが、彼はコマンドーではない、伐刀者だ。

【文学アイドル】鷺沢さんがオタク化したのは俺の所為じゃない。

【文学アイドル】鷺沢さんがオタク化したのは俺の所為じゃない。

書店で人気タイトルなラノベの取り寄せをお願いした。 そのとき出会った店員さんは、きれいな人だなあ、という感想した浮かばなかった。 しかし、彼女は注文した本に興味を持ったらしく、根ほり葉ほり聞いてくる始末。 まさか、文学少女にお近づきなれるとは。

【ヒーローはいない】灰色の愛情

【ヒーローはいない】灰色の愛情

聖イシドロス大学に通っている学生は、大学に行くところで奇妙な会話を耳にした。 それは、事件なのか、事故なのか。 それが何度も起こると不気味に思えてくる。 彼は、不気味な光景を見てしまった。 人が人を喰らうところを。 日常がファンタジーに見えてしまうほどの衝撃に耐え、彼は自由にも似た感覚を謳歌するのだった。