「 再構成 」一覧

NO IMAGE

ホモが行く異世界スマートフォン

どこかの撮影スタジオと見間違う神様の住居に、望月冬夜はいた。 どうやら彼は死んでしまったようだ。 神の許しがたい所業に憤怒する彼だったが、強制転移させられ、あっけなく大地に舞い降りた。 彼は人がそれほどできてはいない。 神がさりげなく施した特典は、スマホだけ(電子辞書とマップ機能のみ)。 それだけで所詮一般人の冬夜が、生き残れるのだろうか? ――なお、自身の身体能力が向上していることに気づくのは、後のことであった。

魔法少女育成計画routeS&S~もしものそうちゃんルート~

魔法少女育成計画routeS&S~もしものそうちゃんルート~

スノーホワイトの騎士として戦い、音楽家クラムベリーにやられてしまったラ・ピュセル。 事故死として処理をしようとしたクラムベリーだったが、奇襲されてしまう。 スイムスイムをはじめとしたルーラー派の魔法少女が、ラ・ピュセルを助けたのだ。 なぜ、ラ・ピュセルを助けたのか? それは、スイムスイムがお姫様になるためだった。 かつて、ルーラーに従えた自分のように、ラ・ピュセルには引き立て役になってもらおうというのだ。 それは、純粋無垢なゆえに狂っている願い。 スノーホワイトの騎士である岸辺颯太に、選択を迫るスイムスイム。 彼が選んだ答えとは――。

魔法少女育成計画 己の大切な人を生かしたい

魔法少女育成計画 己の大切な人を生かしたい

淡雪ミヤビは、幼いころにずべてを失った。 そして、犬吠埼家に引き取られた。 犬吠埼珠とは実の兄妹のように仲がイイ。 だが、彼らに対して周囲は冷ややかだった。 そんな彼らの唯一の楽しみは、魔法少女育成計画というゲームだった。 何万人に一人という確率で、本当の魔法少女になれる……。 それが、リアルを忘れさせる一因だったかもしれないが。 『おめでとうポン! あなたは魔法少女に選ばれたポン!』 魔法少女になるために、魔法少女を殺すというゲーム。 ミヤビは、たまのために、仕組まれたゲームに挑む。

NO IMAGE

顔だしNGのアイドルA

yo〇tubeに歌ってみた投稿をしている女子大生、浅間凪。 彼女は、ハンドルネーム346プロダクションからメッセージを受け取った。 「アイドルになってみませんか?」 彼女の歌声は、芸能プロダクションにティンッときたらしい。 それ以来、ほぼ毎日送られてくるメールに、根負けした彼女は、立派な扉を開けた。 346プロダクションの重い扉をくぐり、メールの送り主に出会う。 そして、彼女は思った。 わたしと似ている……?

NO IMAGE

【飯テロ】ラーメン大好き電(いなずま)ちゃん

鎮守府の誰よりもやさしい艦娘がいた。 彼女は、人類の敵、深海棲艦ですら救いたいと願う、心やさしい少女。 特Ⅲ暁型四番艦電(いなづま)である。 そんなやさしさ溢れる少女には、夢中になっているものがあった。 任務終わり、それを口に運び、スープと絡み合う食感と味は、生きていることに感謝するほどの感動を与えてくれる。 ラーメン。 もはや、これがなければ生きていけないほどだ。 それほど、ラーメンを愛してやまない電は、今日も麺を口に頬張る。

【ラノベ的主人公】一人の男とガールズバンド達

【ラノベ的主人公】一人の男とガールズバンド達

静かな日常を望む青年がいた。 その名は、導寺峠幸貞。 どこにでもいる男子高校生を自称する男である。 美少女に囲まれることが、面倒事と切って捨てる、いずれ罰がくだるだろう男である。 というもの、戸山香澄をはじめ、様々なガールズバンドと面識があるのだから。 これは男子高校生が、押しの強いガールズバンドメンバーとの騒がしい日常を淡々と描く物語である。

ノーゲーム・ノーライフ I am a loser

ノーゲーム・ノーライフ I am a loser

ある都市伝説。 ゲーマーの『』(空白)の話は、ゲームプレイヤーなら、いや勝負事において知らない者はいないというほど有名だ。 『』に、唯一引き分けをしたプレイヤー『____』(アンダーバー)。 彼は、しばりプレイによって『』を追いつめた。 都市伝説の『』は、異世界の神テトによって、異世界へ行くことになる。 リアルなクソゲーなど、未練もまったくない。 しかし、『』にとって、『____』は、自分に届きうる才能を持ったもの。 ぜひとも、コチラに来てもらいたい。 その願いに神テトは、二つ返事で快諾する。 こうして、『____』こと海は、盤上の世界で人生を歩みだした。

NO IMAGE

【社会勉強のお時間です】オーバーロード ~経済戦争ルート~

金がないと、ナザリック大墳墓の主、アインズ・ウール・ゴウンは嘆いていた。 実験のための必要経費とはいえ、明らかにナザリックの出費が高速に減っているのだ。 なんとかしなければならない。 そこへ、冒険者モモンを演じるアインズ様のもとに、ひとりの商人が訪ねてきた。 ローフレ商会という、セバスに縁ある者である。 アインズ様に電流走る…… それは、お金を集めるためのひらめき。 アインズ様は、武力による世界征服ではなく、経済を牛耳る世界征服に方針転換するが……。

NO IMAGE

【エリカがホラーに遭遇】黒森峰七不思議

戦車道が盛んな昨今、黒森峰女学園は、戦車道の世界において有名である。 西住流と言えば、戦車道に関わる者なら知らないものはいないというほど有名である。 事は、西住流家元の代わりに娘である西住まほが、東京で開催される催しに出席することからなる。 隊長代理を任された逸見エリカは、気合を入れて戦車道チームを運営していこうと意気込んだが、西住まほの発言から、高揚気分は下落していくことになった。 「黒森峰七不思議の話を聞いたことはないか?」

【目と目が合う瞬間】鈴木さんに惚れました

【目と目が合う瞬間】鈴木さんに惚れました

終末世界の一歩手前の荒廃してないけど、息苦しい世界。 そこでは、明日の希望もないながらも人間は働かずにはいられない。 鈴木悟もブラック企業に勤めるサラリーマン。 生活するためには働かねば。 だが、明日へと希望をつなげる存在がいた。 加藤さんだ。 彼女は同じ職場に勤める人で、悟のことを気にしていた。 きっかけはゲームだった。 ユグドラシルという、全盛期は人気を博していたDMMORPG。 彼女のプレイをサポートしていくうちに、だんだんと惹かれ合っていく。 そして、彼と彼女が踏み込むその1歩先には――