「 艦娘 」一覧

汚い艦娘を見つけたので虐待することにした

汚い艦娘を見つけたので虐待することにした

前提督が何をしたかは不明だが、その鎮守府に新たな提督がやってきた。 彼は、鎮守府にいた艦娘たちに、驚愕した。 ボロボロなのだ。 正直に言うと、きたない。 提督は、艦娘を兵器としてみている。 人として扱わないと誓っているのだ。 これから行うのは、粛正だ。 彼は、道具をきれいにメンテナンスし、食事を与え、睡眠を要求した。 これがブラック提督の所業。

合法ショタ提督とショタコン鎮守府

合法ショタ提督とショタコン鎮守府

たとえば、第六駆逐隊はが人気があるように、小さいというのは、一定の需要がある。 彼女ら艦娘にも、上官に対する好みはある。 渋いじいさんや、ハードボイルドのおっさんより、彼女らが好むのは、ショタだった。 「まったく小学生は最高だぜ」 どこかの世界線で、とある高校生が、小ささに対する魅力を語るように、艦娘たちも提督に言うだろう。 「まったく、ショタ提督は最高だぜ!」

死んだ目つきの提督が着任しました。

死んだ目つきの提督が着任しました。

魔王の異名を持つ人物から電話がかかってきた。 彼女の誘いにしたがって、連れてこられたのはとある鎮守府。 人類の存亡をかけて、深海棲艦と戦うために、艦娘たちが出撃をくりかえしている。 だが、八幡が連れてこられた鎮守府は、社畜よりひどいブラック鎮守府だったのだ。 八幡は、おびえながらも提督業をすることになる。