「 女オリ主 」一覧

デート・ア・ライブ 黄金の精霊

デート・ア・ライブ 黄金の精霊

あるところに中二病をこじらせていた少女がいました。 中二病は、サブカルに身をひたしたためにさらに加速します。 とあるゲームにどっぷりはまってしまった自称オタクの少女は、願ってしまいます。 あのキャラになりたい! やがて、彼女は両親から全否定され、失意の底に落ちてしまいます。 そこにきた救いの光。 彼女は、憧れの人物に出会い、彼とともに生きていくことを決意する。 英雄王に忠誠を誓った少女はデートをはじめる。

NEW GAME!夢に向かって。

NEW GAME!夢に向かって。

ゲーム会社イーグルジャンプの初出勤の日がやってきた。 鏡の前で身だしなみのチェックをし、期待に胸ふくらませて会社の前までやってきた。 すると、入り口の前でぶつぶつつぶやくスーツ姿の女性が、何事かと声をかけると、自分と同じ新入社員らしい。 同期となる子と入り口でばったりとは、なんという偶然。 彼女は、これから始まるワークライフに興奮を覚えずにはいられなかった。

NO IMAGE

【大和撫子?】英語ができない魔法使い

ホグワーツ魔法魔術学院には、今年、例のあの人から逃れた生き残りの少年、ハリー・ポッターが入学した。それだけで注目の的になっている彼だったが、もうひとり注目されている生徒がいる。 黒髪をさらさらとなびかせるのは日本人の女性。人形のように美しい彼女に、視線は彼女に注がれる。 しかし、彼女には致命的な欠点があった。 英語ができないのだ。 英語圏のイギリスで、彼女はコミュニケーションが取れない。 彼女は、言葉の壁を越えて、学院生活を無事におくれるのだろうか。

超次元ゲイム グリモワールofネプテューヌ

超次元ゲイム グリモワールofネプテューヌ

白の国ルウィーの女神候補生ロムとラムは、近所の公園で血だまりに浸る少女を発見した。 出血多量で死んでいるかに思われたが少女には息がある。 ロムラムは、頼りのお姉ちゃんに救援を要請し、少女の手当てをお願いした。 なんとか回復した少女だったが、彼女は記憶を失っていた。 彼女のそばに落ちていたという魔道書グリモワールにちなんで、 グリモという名前で、少女はルウィーで生活を始める。

【1人で戦車道】戦車には私たちが乗っています

【1人で戦車道】戦車には私たちが乗っています

神様転生という珍妙な現象に遭遇した主人公は、なぜか学園艦に乗っていた。 何を言っているか分からねえと思うが……え、分かる? 手に入れた戦車をたった一人で運用できるわけがない。 そう思っていた時期が私にもありました。 しかし、神様によって与えられた能力で1人3役? いや、6役? こなしてみせる!!

今を生きて、明日を歌う為に

今を生きて、明日を歌う為に

医療施設にいるのが当たり前の生活になっていた彼女は、それが特異体質がゆえだと納得していた。 そしてまた、医療施設を移されるための役人(?)が訪れる。 身体の一部に機材をはめ込んでもなお、彼女はまだ生きたいと想う。 彼女、完全聖遺物を身体に埋め込まれている真琴明日歌は、シンフォギアを纏うことで、己の命の使い道を見出した。

【人生の夏休み】アイドルは労働者

【人生の夏休み】アイドルは労働者

転生とは、生まれ変わること。 それは前世の記憶を引き継ぐことなどできない。 しかし、それが叶う瞬間がやってきた。 まさに強くてニューゲームである。 だが、前世の道筋を辿っていけば、強くてニューゲームは意味を持つ。 彼女は人生イージーモードでやってきたのだが、脱線しようとしていた。

【百合】ロクでなしなのはボクっ娘女子生徒もでした。

【百合】ロクでなしなのはボクっ娘女子生徒もでした。

イルマは、ルミアに助けられた過去がある。 それ以来、ルミアの前ではまともに話せないのだ。 妙に顔が熱くなるのを感じる。 彼女の声が、口が、表情が、すべてが気になってしまうのだ。 これは、恋!? 同姓どうしだけど愛さえあれば関係ないよね?

【SAN値ピンチ!】這いよる混沌リリカルニャル子

【SAN値ピンチ!】這いよる混沌リリカルニャル子

モニタを眺めていた青年は、突然のダーツゲーム開始の電子音に圧倒された。 だが、すぐに気を取り直しゲームで遊ぶ。 ダーツの結果、彼女は人前で恥ずかしい仮面ライダーポーズを取っていた。 「いつもニコニコあなたに這いよる混沌、ニャルラトポテプ、です!」 彼女は、ベルカの地にてニャル子のごとく自由に振舞う。

【普通で平凡な少女】私は私らしくやってみる

【普通で平凡な少女】私は私らしくやってみる

特殊能力があるわけでも、主人公のような火事場の馬鹿力が出るわけでもない。 ごく平凡で突飛した才能もない少女。 彼女は、諜報科に属していた。 しかしある日、強襲科Sランクの神崎・H・アリアに出会ってしまったのが運のツキ。 とんでもない事件に遭遇してしまう。 彼女は、頭を高速回転させて、事件解決させようと奮闘する。