「 勘違い 」一覧

緋弾のアリア 貞操観念逆転

緋弾のアリア 貞操観念逆転

ある日、世界は逆転した。 男は女に。女は男に。 否、全人類が性転換したわけではない。 貞操観念が逆転したのだ。 巷には、男の裸の本が並べられ、痴漢の被害者は男である。 そんな世界に生まれ落ちた主人公は、武偵にして、特殊捜査研究科Sランクである。 貞操観念が逆転しようが、悪は犯罪を犯す。 どんなに世界が変わろうとも、することは変わらない。

救われた男と堕ちた天使

救われた男と堕ちた天使

紅夕陽、ひきこもり。 小学校の頃の嫌な事件――というほどでもないが、それが原因で、彼は不登校となった。 それ以来、引きこもり。 しかし、勉強をする意欲はあったらしく、義務教育をなんとか終了し、高校に入学することができた。 他人の視線が気になり、逃げてしまうという、トラウマにおびえるような日々。 だが、今日で終わりだ。 自分を奮い立たせ、高校の入学式に挑む。 彼は、他人の視線など気にしない。 なぜなら、天使のような彼女、ガヴリールと出会ってしまったのだから。

小さな悪が変わるとき…

小さな悪が変わるとき…

魔術学院に通う主人公は、ひとつすべきことがあった。 それは、ルミナ・ティンジェルの暗殺。 クラスメイトが天使と認める彼女を、あろうことか殺すのだ。 撲殺、毒殺などなど、様々な方法でルミナを殺そうとするのだが、決まって邪魔が入る。 さらには、ロクでなし魔術講師もやってきて、彼はますます目的達成が困難になっていく。 彼は、悪を成すことができるのか?

おぉ、リィンよ。憑依されてしまうとは情けない

おぉ、リィンよ。憑依されてしまうとは情けない

俺は、どこにでもいる一般人、××××。 幼馴染みで同級生の奴などいないが、コンビニ帰りに、怪しげな男と女の行為を目撃した! それを見るのに夢中になっていた俺は、背後から近づく男に気づかなかった。 目が覚めると、リィン・シュバルツァーになっていた。 アイエエエエエ、リィン、リィンなんで!? 英雄伝説閃の軌跡の主人公に憑依した彼は、マグバーンや鋼の聖女のような化け物と刃を交えなければならくなった。 彼は、物語のレールに乗れるのか?

チート染みた能力を持っているけど母音ーッンしか発せられない

チート染みた能力を持っているけど母音ーッンしか発せられない

その男に、誰もが唖然としていた。 彼をなんと表現したらいいのか、、、そうだ、ヤンキー! 一昔前の不良のような容姿をした彼は、誰かから声をかけられたら、ガンつけるという行為をしている。 魔法科高校に、なぜこんな奴が⁉ しかし、彼はただ母音しか発声できないだけだった。

犯罪者になったらコナンに遭遇してしまったのだが

犯罪者になったらコナンに遭遇してしまったのだが

彼女はやり遂げた。 復讐という名の殺人を。 まだ笑うな……、こらえるんだ。 そう、事件現場に遭遇した第一発見者のごとく悲鳴を上げれば、すべて完璧だ。 しかし、ここには毛利名探偵とおまけのコナンがいた。 主人公様がいるとは、彼女も運がない。 だいたい30分(テレビ番組)の時間があれば難事件も解決してしまう小学生。 なんで、お前がココニイルンダ?

汚い艦娘を見つけたので虐待することにした

汚い艦娘を見つけたので虐待することにした

前提督が何をしたかは不明だが、その鎮守府に新たな提督がやってきた。 彼は、鎮守府にいた艦娘たちに、驚愕した。 ボロボロなのだ。 正直に言うと、きたない。 提督は、艦娘を兵器としてみている。 人として扱わないと誓っているのだ。 これから行うのは、粛正だ。 彼は、道具をきれいにメンテナンスし、食事を与え、睡眠を要求した。 これがブラック提督の所業。

今を生きて、明日を歌う為に

今を生きて、明日を歌う為に

医療施設にいるのが当たり前の生活になっていた彼女は、それが特異体質がゆえだと納得していた。 そしてまた、医療施設を移されるための役人(?)が訪れる。 身体の一部に機材をはめ込んでもなお、彼女はまだ生きたいと想う。 彼女、完全聖遺物を身体に埋め込まれている真琴明日歌は、シンフォギアを纏うことで、己の命の使い道を見出した。