【乃木園子の気まぐれ】その前の園子

評価:B

原作:結城夕菜は勇者である

ジャンル:再構成

主人公:オリ主

投稿サイト:ハーメルン

「誰が出てくるかな~」


勇者システムにより神樹様に、供物を捧げた乃木園子は、ずっとベットにいる。
三ノ輪銀がいなくなり、鷲尾須美が去ってから、一人でバーテックスと戦う日々。
こうして、動けなくなるまでに疲弊していた。
大赦が世話をしてくれるが、となりには、誰もいない。
園子は、暇をもて余していたのだ。
そこで、彼女は人を呼び寄せることにした。
「わたしの話し相手になってくれる人、こっち来て~」

結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-Blu-ray

新品価格
¥16,783から
(2017/12/10 18:47時点)

結城友奈は勇者である-勇者の章-Blu-ray

新品価格
¥16,855から
(2017/12/10 18:48時点)


お役目のため、仕方なかった


これは、乃木園子に呼ばれた男が、彼女の話し相手をする『結城夕菜は勇者である』二次小説作品です。
かつて、三ノ輪銀、鷲尾須美とともに勇者としてバーテックスと戦っていた乃木園子。そのっちは、親友の死、そして、勇者システムのアップデートによる弊害により、一人でバーテックスと戦っていました。
満開すれば、通常の何倍もの力を発揮出来るが、代償として身体の一部を供物として捧げなければいけない。
もはや普通の少女らしい生活には戻れない。
来日も寝たきりの生活が続きます。
いつも笑顔を絶やさない彼女ですが、もう限界がきていたのです。
彼女は少ない力を集めて、人一人召喚することにしました。
そうして、そのっちの前に来てくれたのが、どこも特徴のない男でした。
特殊なものなど一切不要。
何気ない日常的な会話。
それだけで、そのっちは救われる。
男は、彼女にできることをする。
これは、神樹がそのっちに供物を返すまでにあった小さな物語。


▼伝説のラジオ


【PC/スマホ版】その前の園子

【携帯版】その前の園子



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村