【クロエ主役】白い魔法少女と黒い正義の味方

評価:B

原作:Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

ジャンル:再構成

主人公:クロエ

投稿サイト:ハーメルン

もしもクロエが原作開始前に、イリヤと接触していたら


「イリヤが熱を出した!?」
唐突に、どこかから電波をキャッチしたアイリスフィールは、仕事を投げ出して帰宅した。
実際に、イリヤは熱を出し、士郎が看病していたわけだが。
イリヤのお見舞いに、帰宅してアイリスフィールは、それを抱えて、イリヤへ会おうとしたが、セラに止められた。
それの正体は、イリヤと瓜二つの少女だったのだ。
その後、隠し子なのか、そうなのかとひと悶着あったのだとか、なかったのだとか――。

クロエさんは、イリヤを護る


これは、クロエが原作開始前にイリヤと出会っていたらというもしもな『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』再構成二次小説作品です。
原作では、ツヴァイから登場したクロエ。
魔力が足りなくなると、他者(女の子限定)からキスで魔力供給するという行為を行う。
それが原因でレズだとか、キマシタワーと叫びたくなります。

彼女は、イリヤの母、アイリスフィールがティンッときたことで、イリヤと一つ屋根の下で暮らすことになります。
イリヤが魔法少女に変身したのと同時に、アーチャーに変身したクロ。
その戦闘能力は、原作と同等かそれ以上。
しかし、魔力を使いすぎるとキス魔になります。
魔力枯渇は危険ですから、シカタナイネ。
イリヤと美遊とカード回収に励むクロエ。
彼女の、イリヤに対する想いとは?

▼ズッキュウウウゥゥゥゥン




   
【PC/スマホ版】白い魔法少女と黒い正義の味方
   
【携帯版】白い魔法少女と黒い正義の味方
   
  


二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村