何故か東京で生活することになった~駆逐艦時雨の都会生活~

評価:A

原作:艦隊これくしょん

ジャンル:逆トリップ

主人公:時雨

投稿サイト:ハーメルン

ゼロからはじめる東京生活


駆逐艦『時雨』は、真っ白い部屋で目を覚ました。
そこは、鎮守府の養護室と似て非なる場所。
窓の外には、高度文明のコンクリートジャングルが存在していた。
自分を軍隊の所属だというが、周囲の人間は頭のおかしい娘としか認識しない。
東京で、時雨は生き抜くことができるのか?

通報はされない

これは、駆逐艦の時雨が、現代の東京に来てしまった『艦隊これくしょん』二次小説作品です。
時雨が目覚めたのは、とある病室。
軍に所属していると伝えるけど、中学生っぽい容姿なら信じてもらえるわけありません。
現代の東京人には、信じられないのだ。
鎮守府に帰ろうにも、どうにもできない時雨は、一人暮らしを始めます。
逆トリップの場合、主人公の青年が、二次のキャラクターを保護し、しかたなく同居生活をはじめるというのが、典型的ですが、一人暮らしをはじめる展開は、とても新鮮でした。


▼時雨ボイス



【PC/スマホ版】何故か東京で生活することになった~駆逐艦時雨の都会生活

【携帯版】何故か東京で生活することになった~駆逐艦時雨の都会生活~



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村