【PoHな八幡】救いは犠牲を伴って

評価:B

原作:ソードアート・オンライン,やはり俺の青春ラブコメは間違っている

ジャンル:クロスオーバー

主人公:PoH(比企谷八幡)

投稿サイト:ハーメルン

現実世界に帰還するために八幡がとった行動は?

ついに手に入れたVRMMOに、比企谷八幡は歓喜していた。意気揚々と、正式ゲームが始まる日にリンクスタート!
しかし、それは絶望に染まってしまった。さらには手鏡のせいで、死んだような目が復活してしまったのだ。彼は、プレイヤーネーム『PoH』として、妹の小町のため、大好きなアスナのためにアインクラッドで生き抜いていく決意をする。

殺人鬼の苦悩

これは、比企谷八幡による『ソードアート・オンライン』Poh成り代わり二次小説作品です。
ラフィンコフィンリーダーである八幡は、アインクラッドで初めてPKしたレッドプレイヤーとして人々から恐怖されています。
しかし、彼は自分を犠牲にして他を守ろうとした青年である。
そのやり方は、仮想世界でも変わりませんでした。
心身ともに追い込まれていく八幡ですが、それでも彼を支えてくれている存在がいました。それが、原作ヒロインのアスナです。
この作品でもそのポジションは変わりません。
キリトが存在しないかわりに、ダークヒーロー八幡に心惹かれていくアスナ。彼らは無事にアインクラッド攻略することができるのでしょうか。
原作PoHはヒャッハーしているだけの印象しかないのですが、この作品のPoHは頭がキレます。

▼ソードアート・オンラインⅡの名場面





【PC/スマホ版】救いは犠牲を伴って

【携帯版】救いは犠牲を伴って


二次小説 ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村