【鳳凰院凶真だ!】Re:ゼロから始める運命石の扉

評価:A

原作:Re:ゼロからはじめる異世界生活,シュタインズ・ゲート

ジャンル:クロスオーバー,勘違い

主人公:岡部倫太郎

投稿サイト:ハーメルン

エル・プサイ・コングルゥ


もしもし、俺だ。
え?
岡部りん、ゲフンゲフンッ。
鳳凰院凶真だ。
気づいたら、見知らぬ場所に立っていた。
おそらく、組織の罠だ。
そうでなければ、猫耳を生やした女性や騎士の格好をしたコスプレ連中が周囲にいるわけがない。
まんまと嵌められたんだ。
しかし、そんなことでやられる(?)俺ではない。
必ず我がラボに戻ってみせる。
以上で通信を終わる。エル・プサイ・コングルゥ。

ドクペはないのか……

これは、中二病をこじらせている岡部倫太郎こと鳳凰院凶真がリゼロ次元に迷い込んでしまった『Re:ゼロからはじまる異世界生活』クロスオーバー二次小説作品です。
彼は、凶気のマッドサイエンティスト岡部倫太郎である。
岡部は、スバルとは別で、異世界に迷いこんでしまった。
そして、彼のリーディングシュタイナーが、時間跳躍を感知したのです。
彼は状況に流されているものの、中二病の持つ力が異世界の住人たちを翻弄します。
幻想郷の賢者によると、外の世界で異変が起こっているという……。
嘘です。
中二病特有の言い回しが、鳳凰院凶真の周囲の者たちに勘違いを生ませるのです。
彼は、自分が優位に立つために、情報と中二病を使って、相手を翻弄します。
彼は、無事に現代のラボに帰還できるのか? それとも……。


▼発想の勝利






【PC/スマホ版】Re:ゼロから始める運命石の扉

【携帯版】Re:ゼロから始める運命石の扉


二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村