NO IMAGE

【勘違いの連鎖】なんでこうなるの?

前世では、引きこもりだった。 それゆえに、大した社会貢献も、幸福も手にしなかった主人公は、神様の好意により、人生をやり直すことに。 性別変えれば、前世よりも別の人生を歩めるという神様の余計なお世話で、よりコミュ障に磨きがかかっている。 インフィニット・ストラトスという兵器が存在する世界で、コミュ力必須な女だらけのIS学園に行けることになった主人公は、顔真っ青。 おまけに、原作キャラたちがとっかえひっかえのように関わってくる始末。 ほっといてくれないかな?

NO IMAGE

あの子はこの世界が嫌い

孤児院にいた少女に、髭のフサフサしたお爺さんが訪ねに来た。 彼の名は、アルバス・ダンブルドア。 ホグワーツという魔法使い育成機関の長である。 彼が告げたことが引き金となり、少女の前世の記憶がよみがえる。 全世界を魅了した名作となった世界に、自分は存在していると悟ったのだ。 ダンブルドアも目的は、自分を引き取りにきたという。 何も考えなしで行動する御方ではない。 そう考えた少女は、ダンブルドアの話に乗って、ついていくことにしたのだ。

魔法科らは逃げれない。

魔法科らは逃げれない。

罰あたりにも、古墳に無断で侵入し、探検する愚行をしている主人公は、キマイラに襲われた。 墓荒らしなのだかた、当然の結果である。 逃げた先は、海へダイビング。 そこを偶然にも、九島を名乗るじいさんに助け出されたのだ。 さらには、主人公の身体の隅々まで調べた結果…… 一般人なのに、魔法が使えるようになっていた!? 主人公に、一般人と魔法師の架け橋をお願いする九島爺。 彼の思惑を薄渦気づいてながらも、従うしかないのだ。

ストライクウィッチーズ 鉄の狼の漂流記

ストライクウィッチーズ 鉄の狼の漂流記

第2次世界大戦後期、機体Fw190のパイロットであるシュミットは、撃墜された。 空中爆発である。 そこから生還するなど、ありえない。 しかし、彼はピンピンしていた。 だが、状況を疑いたくなる。 昼の風景が、一瞬だけ目を閉じただけで、夜の風景に転じたのだ。 コックピットからボーっと風景を見ていた彼は、人影が空を飛んでいるのが見えた。 それが、軍人シュミットと、ウィッチサーニャの出会いだった。

黒森峰の逸見姉妹

黒森峰の逸見姉妹

前世では、スポーツに打ち込んでいた好青年だった。 しかし、実力は認められず、夢叶わず、水死体となった。 そして、現在は逸見エリカの双子の妹、逸見カリエとして生きている。 前世では存在しなかった戦車道に、彼女は惹かれた。 きっかけは、西住まほだった。 黒森峰戦車道チームのリーダーにして、西住流師範の娘。 彼女に才能を見出され、黒森峰でその実力をいかんなく発揮する。 そして、その勇姿を見た秋山優香里は、大洗で憧れ続けた戦車に乗るチャンスをつかむ。

この世界で伝えられる事を探して

この世界で伝えられる事を探して

戦車道において西住流と競うかの如く有名な流派、島田流。 島田千代の息子は、前世の記憶を持っていた。 幼い頃に、神様と称する管理者に出会い、なぜかクエストを出題された。 戦車道の強豪チームの人物と○○するというようなお題である。 クエストを達成しなければ、とんでもないことが起こるらしい。 神様の恐喝とも言える言葉に怯みつつも、クエストを達成するために主人公は、島田家を飛び出し、ストリートライブを行うことにする。

NO IMAGE

魔法科高校の絹旗最愛

絹旗最愛は、学園都市に潜入した魔術師に勝負を挑み、死んだ。 と思ったら、見知らぬ場所で寝かされていた。 誰かが助けてくれたのかと考えを巡らすが、どうやら違うようだ。 自分は高校に入学したらしいことだけ分かったが、理解できない。 知らない人物の名前もあり、ますます自分の現状が分からない。 どうしてこうなった? 分からないなら、情報収集。 絹旗最愛は、とりあえず自分が入学したという、魔法科第一高校に登校するために、マップを探した。

NO IMAGE

【フィー主人公】妖精の軌跡

トールズ士官学院の学生寮の一室、フィー・クラウゼルは可愛い寝顔を浮かべていた。 西風の旅団にいた彼女は、数日前に入学し、Ⅶ組のクラスメイトと、これから勉学に勤しむことになる。 しかし、彼女は猫になっていた。 彼女のクラスの教官が、起こしに来るまではずっとベットで丸くなっていたに違いない。 フィーは、猟兵という特殊な事情があるが、集ったクラスメイトの中に、とんでもない人物がいることは、ずっと後のことである。

戦車大戦-大洗華撃団、出撃せよ!-

戦車大戦-大洗華撃団、出撃せよ!-

世は大正。 士官学校を卒業した大神一郎は、帝国華撃団に配属を命じられ、上野に向かっていた。 少々の眠気でうつらうつらと眠り、目を覚ましたら、全く見慣れない場所にいたのだ。 大神は西住みほと出会い、自分に起きたことに愕然とする。 さらには、自分の親戚と名乗る少女と出会い、大神は大洗学園艦存続をかけた戦いに関わっていくことになる。 時代を超えても、彼の情熱は変わらない。

君への愛を100万回叫ぼう。

君への愛を100万回叫ぼう。

氷川日菜。 アイドルかつガールズバンド『Pastel*Palettes』のメンバーである。 その容姿に、仕草に、すべてに心を奪われてしまったファンが一人いた。 その気持ちは完全に恋だった。 すべてを投げ出してでも、彼女の隣に立ちたい。 周囲が引いてしまうほど、ガチだったのだ。 イベント会場で、少年はついに氷川日菜に立つ。 恋心を抱き続けている相手との対面に、少年は――。