NO IMAGE

銀魂×テイルズオブヴェスペリア

江戸かぶき町の有名人、坂田銀時。 ある日、彼は異世界を救うために拉致られた。 自称神に、押し問答を繰り返し強制的にテルカ・リュミレースに転移させられた銀時は、天才魔導師リタ・モルディオと出会う。 リタと銀時の珍道中。 世界を救うのはいつになることやら……。

おぉ、リィンよ。憑依されてしまうとは情けない

おぉ、リィンよ。憑依されてしまうとは情けない

俺は、どこにでもいる一般人、××××。 幼馴染みで同級生の奴などいないが、コンビニ帰りに、怪しげな男と女の行為を目撃した! それを見るのに夢中になっていた俺は、背後から近づく男に気づかなかった。 目が覚めると、リィン・シュバルツァーになっていた。 アイエエエエエ、リィン、リィンなんで!? 英雄伝説閃の軌跡の主人公に憑依した彼は、マグバーンや鋼の聖女のような化け物と刃を交えなければならくなった。 彼は、物語のレールに乗れるのか?

転生オリ主ドロップアウト

転生オリ主ドロップアウト

現実とどこも変わらない場所。 聖杯のせの字もないし、近未来兵器などもない。 現実とまったく変わらない平穏な世界に転生者は降り立った。 彼は、小学生の頃、自分が転生者だと自覚した。 端からみればちょっと早めの中二病患者である。 お約束の特典をもらった転生者は、自分が血みどろな物語の世界に来てしまったと警戒している。 しかし、彼以外は全く平穏平和なのだ。 主人公はムダに警戒しつつ、天使悪魔と出会うとき勘違いが加速する。

凪のあすから ~変わりゆく時の中で~

凪のあすから ~変わりゆく時の中で~

汐鹿生という海の中の村に生まれた少年、長瀬誠。 幼馴染の光や要、ちさきにまなか。 彼らのグループでストッパーな役割をしている誠。 ある日、誠の母は、交通事故で亡くなってしまう。 それから、父親の再婚の話があり、父親は陸へ、誠は汐鹿生にとどまることを選んだ。 彼が、幼いながらも一人暮らしであることを誰にも悟られずに……。

NO IMAGE

2周目の人生、もう一度プロデューサーとして。

アイドルに刺された。 やったんですよ、必死にっ! その結果がコレなんですよ!! 仕事をこなし、アイドルを輝く存在へと昇華させたはずのプロデューサーは、支え続けたアイドルにグサッとさされた。 死の間際でも、刺殺しようとした相手を想うのは、彼が生粋のプロデューサーだったのだろう。 そして、次に目覚めたとき、病室にいた。 だが、自身の身体にあらず。 別の人間にとって代わったようになった主人公は、アイドルに刺殺された経験があるにも関わらず、再びプロデューサーの道を進もうとする。

妹はバカヒップ。

妹はバカヒップ。

聖グロリアーナ女学院の戦車道チームのメンバー、ローズヒップ。 彼女は慣れ親しんだ母校を離れて、異国の地である大洗女子学園に来ていた。 彼女は、転校してきたのだ。 なぜかって? お金がないのですわっ! 聖グロで培われたお嬢様気質だが、お嬢様のようにふるまっても、どこか抜けているローズヒップ。 彼女と彼女の兄の大洗学園艦でも生活が始まる。

NO IMAGE

仮面の悪魔がゼロから過つ異世界生活

ウィズ魔法店でダメ店主を折檻おしおきしている魔王軍幹部バニル改め、バニルⅡ世。 彼は、親しんだ店より姿を消した。 ふと気づいた時は、周囲の空気が違っていたのだ。 しかし、戸惑うバニルさんではない。 全てを見通す悪魔である彼は、自身がどうすれば利になるか、すでに道筋は見えていたのだ。 体は土くれ。 残機持ち。 彼はトリップしても、あわてない。

チート染みた能力を持っているけど母音ーッンしか発せられない

チート染みた能力を持っているけど母音ーッンしか発せられない

その男に、誰もが唖然としていた。 彼をなんと表現したらいいのか、、、そうだ、ヤンキー! 一昔前の不良のような容姿をした彼は、誰かから声をかけられたら、ガンつけるという行為をしている。 魔法科高校に、なぜこんな奴が⁉ しかし、彼はただ母音しか発声できないだけだった。

【フレンドリーな英雄王】人理を照らす、開闢の星

【フレンドリーな英雄王】人理を照らす、開闢の星

ただただそこにいた存在は、死を迎えた。 その感覚に身をまかせ、喪失感に浸りながら消えようとしていた。 しかし、それは死にたくないと思ってしまった。 死の間際に、ようやく自己を確立したのだ。 それは、謎の存在の導きによって、とある世界のマスターのサーヴァント、英雄王ギルガメッシュとして転生する。 中身は空っぽ故に、慢心も油断もしない英雄王は、カルデアのマスターたちとふれあい、人格を確立していく。 慢心しない英雄王は、立派に仕事をする!

デート・ア・ライブ 黄金の精霊

デート・ア・ライブ 黄金の精霊

あるところに中二病をこじらせていた少女がいました。 中二病は、サブカルに身をひたしたためにさらに加速します。 とあるゲームにどっぷりはまってしまった自称オタクの少女は、願ってしまいます。 あのキャラになりたい! やがて、彼女は両親から全否定され、失意の底に落ちてしまいます。 そこにきた救いの光。 彼女は、憧れの人物に出会い、彼とともに生きていくことを決意する。 英雄王に忠誠を誓った少女はデートをはじめる。