うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる

評価:B

原作:魔法科高校の劣等生

ジャンル:転生

主人公:国防陸軍諜報員(オリ主)

投稿サイト:ハーメルン

いつから自分が主人公だと錯覚していた?


国防陸軍情報部にはちょっと変わった諜報員がいる。
前世の記憶を有し、自分の生きている世界がとある物語と酷似していることを認識している彼の名前は、関重蔵(36)だ。
36歳の彼は、魔法科第一高校に潜入任務に就くことになった。
なぜならば、オッサンに見えないほどの童顔だったのだから。
嫌々ながら、仕事だからと仕方なく現場に赴いた彼は、愕然とした。
原作に登場しない人間がいるわいるわ。
それだけだったら問題はない。
しかし、彼は気づいてしまった。
まるで狙ったかのようなポジションを確保した原作には存在しない人物を。

お前誰だ!?


これは、『魔法科高校の劣等生』の世界に転生したおっさんが、魔法科高校に潜入する二次小説作品です。
転生して、なんとか人生を楽しんでいた主人公は、魔法科高校に潜入捜査することになりました。
そこは、ある意味変人どもの巣窟。
気を付けるべきは原作主人公ですが、四葉の名前で堂々と入学してくるやつがいたのです。
これは、絶対に自分と同じ転生者だ。
そう思ったおっさん(童顔)は、任務のためになるべく周囲に合わせるように、それでいて慎重に事を運ぼうとするのですが……。
他のオリ主がだまっちゃいません。
果たして、オリ主は何人現れるのか?


【PC/スマホ版】うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる

【携帯版】うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする