ノーゲーム・ノーライフ I am a loser

評価:A

原作:ノーゲーム・ノーライフ

ジャンル:再構成

主人公:____

投稿サイト:ハーメルン

敗北したとき、敗者だとは限らない


ある都市伝説。
ゲーマーの『』(空白)の話は、ゲームプレイヤーなら、いや勝負事において知らない者はいないというほど有名だ。
『』に、唯一引き分けをしたプレイヤー『____』(アンダーバー)。
彼は、しばりプレイによって『』を追いつめた。
都市伝説の『』は、異世界の神テトによって、異世界へ行くことになる。
リアルなクソゲーなど、未練もまったくない。
しかし、『』にとって、『____』は、自分に届きうる才能を持ったもの。
ぜひとも、コチラに来てもらいたい。
その願いに神テトは、二つ返事で快諾する。
こうして、『____』こと海は、盤上の世界で人生を歩みだした。

自称最弱


これは、『』(空白)と同等の才能を持つ主人公が、盤上の世界にやってきた『ノーゲーム・ノーライフ』二次小説作品です。
世界最強のゲームプレイヤー『』(空白)の元に届いたメールは、盤上の世界<<ディスボード>>の神テトからの招待状でした。
神に勝利した空と白は異世界転移の権利を得たのです。
「こんな現実、クソゲーだ」と口癖のように吐いていても、彼らには唯一認めていたプレイヤーがいました。
『____』(アンダーバー)。
彼は、『』(空白)のように、才能を持っていながら世間からはみ出されたもの。
「その才能を、クソゲーに埋もれさせておくのはおしい」
世間は、自分を価値基準に置き、自分より以上に才のあるものを嫌う。
主人公もまた、クソゲー(現実)の被害者。
そうして、神テトの招待を受けた『____』(アンダーバー)こと界には、盤上の世界で、勝負テクニックと話術を巧みに使い、地位を確立していきます。
その勝負模様は、『』(空白)とは真逆のスタイル。
まさに、連戦連敗。
敗北しかしない主人公は、そのプレイスタイルを変えないと、生き残れない気がするのですが……


【PC/スマホ版】ノーゲーム・ノーライフ I am a loser

【携帯版】ノーゲーム・ノーライフ I am a loser



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする