美少女に”格闘戦”をしかけるのは合法である

評価:A

原作:魔法少女リリカルなのはvivid

ジャンル:再構成

主人公:変態生徒(オリ主)

投稿サイト:ハーメルン

心の声「さあ早く、俺に技をかけてくれ!」


時空監理局に就職する人物は、一桁の年齢でも実在する。
幼くても仕事をするのだ。
それが、ミッドチルダだからなのかは分からない。
だが、早期に成熟する人が多いことはたしかだ。
st.ヒルデ魔法学院にも、早熟した生徒がいた。
シャロン・クーベルという少年である。
彼は、格闘技を極めし者。
そのためなら、どんなつらい訓練も受け入れよう。
端からみれば、そんな人物に見える。
しかし、彼の頭のなかは、
「ああ、美少女に技をかけられたい」

格闘技ならば、美少女に手をだしても合法なのだ。
そんな、思春期真っ只中なシャロンは、今日も強者を待っている。

魔法少女リリカルなのはViVid (20) (角川コミックス・エース)

新品価格
¥626から
(2018/2/5 22:09時点)

魔法少女リリカルなのはViVid Compact Edition [Blu-ray]

新品価格
¥9,726から
(2018/2/5 22:10時点)


攻撃されるほど興奮していく


これは、これは変態な格闘家が、美少女の技を受け続ける『魔法少女リリカルなのはvivid』二次小説作品です。
ミッドチルダの名門校、st.ヒルデ魔法学院。
そこに在籍している銀髪イケメン主人公は、その容姿からモテることが容易に想像できるのですが、美少女の告白を全て断っているといういけすかない野郎です。
自身の格闘技をもって、格上を打ち破るその姿に、惚れる人は多い。
しかし、彼は恋などにうつつを抜かすことはありません。
全ては、美少女から放たれる技を受けきるためにやっているのですから。
って、とんだ変態だな!?
思春期の男子なら、自然と女子の体つきを気にしてしまう。
それをカモフラージュし、さらに美少女に合法的に触れるために、格闘技を極めるなど、お前はバカ(天才)か!?
彼の頭は、格闘技のことではなく、美少女のことしか頭にない。
彼の素顔を知ったとき、美少女たちはどのような反応をするのだろう?


【PC/スマホ版】美少女に”格闘戦”をしかけるのは合法である

【携帯版】美少女に”格闘戦”をしかけるのは合法である



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村