鍛治師として生きていく

評価:B

原作:ソードアート・オンライン

ジャンル:再構成

主人公:オリ主

投稿サイト:ハーメルン

攻略支援特化プレイヤー


デスゲームと化したソードアート・オンライン。
βテスターとして遊んでいたプレイヤーは、ログインしたときに、見たこともないスキルが実装されていたことに驚愕する。
新スキル『ヘーパイストスの加護』。
このスキルは、生産職として生きるならば絶対的な性能を誇るが、攻略していくことはできなくなる。
茅場晶彦のいたずらなのか知らないが、死にたくない彼は、攻略組のために武器を打つことを決めた。
黒の剣士を支えた武器を作成するために、命はかけたり、かけなかったりしたプレイヤーの物語である。

まるで成長しないステータス


これは、茅場晶彦の策略なのか、生産職にしか就けないプレイヤーの『ソードアート・オンライン』二次小説作品です。
アインクラッド一といっても過言ではない鍛冶師がいました。
彼の名前はキール。
彼は、誰にも言えない秘密があったのです。
生産職にしかなることを許さないユニークスキルを所持していて、その影響から攻略できないという歯がゆい能力になっていました。
しかし、黒の剣士をはじめ、多くの攻略組が、彼の打つ武器を使ったのです。
武器は生命線。
たとえ口が悪かろうとも、彼の腕前は、プレイヤー間では密かに有名。
彼は、さりげなくゲームバランス崩壊を狙う?


【PC/スマホ版】鍛治師として生きていく

【携帯版】鍛治師として生きていく



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする