【黒の組織のジン憑依】無能アニキ憑依録

評価:A

原作:名探偵コナン

ジャンル:憑依、勘違い

主人公:ジン

投稿サイト:ハーメルン

このジンは有能


黒の組織に所属するジンは、工藤新一に毒薬を飲まして、幼児化させた。
その後、原作者の手によって、コナンの優位になる立ち回りをさせられる。
そんな役割のジンに憑依した青年は、黒の組織から抜け出すために奮闘する。
そのために、ひつような駒は……。

家庭的ジンニキ

これは、工藤新一の敵、黒の組織のジンに憑依した人間の『名探偵コナン』二次小説作品です。
主人公は、アゴの強い(推測)人物からジンのアニキと呼ばれました。
ジンといえば、工藤新一にアポトキシン4869を飲ませて、幼児化させた原因。
コナンが絶体絶命なシーンで、第6巻が主人公を存続させるために立ち回る、危険人物だけど、意外と危険回避に役立つ人。
そんな人物に憑依した主人公は、完全にコナンをフォローするために立ち回ります。
新一の運命を狂わした人物が、助けようとしているのですから、コナンから見たら、「何を企んでやがる」という目でにらみつけられるでしょう。
まるで心を入れ替えたように行動するジンは、組織の闇から抜け出すことができるのか?


▼そのうち、気弾が撃てるようになる?



【PC/スマホ版】無能アニキ憑依録

【携帯版】無能アニキ憑依録



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする