【無口で勘違い汚染】八咫烏は勘違う

評価:B

原作:IS-インフィニット・ストラトス-

ジャンル:TS/性転換,勘違い,憑依

主人公:無口無表情少女(オリ主)

投稿サイト:ハーメルン

織斑一夏には親がいない。いや、生みの親はいないが、育ての親はいた。一夏と千冬は、周囲のやさしい人たちのおかげで、藤原夫妻の下で生活していた。一夏は、藤原夫妻の娘である藤原黒乃とは、よく遊んでいた。しかし、とある事故により藤原夫妻は他界し、娘である黒乃も重症を負う。奇跡的に目を覚ました黒乃だが、喋らず、表情を捨ててしまった人形のようになってしまったのだ。
無口で無表情。
本来なら、天災である篠ノ之束が興味を示さないはずはなかったのだ。
束が黒乃の秘密に気づくまでは――。

これは、織斑姉弟を育ててくれた両親の娘が主人公の『インフィニット・ストラトス』二次小説作品です。ISの物語の重要ポジションの少女に憑依した主人公は、しゃべれないハンデを背負いながらも、周囲に心配させないように行動します。しかし、彼女が行動すれば、天災兎が勘違いし、その勘違いが世界を混沌に導くIS開発のきっかけをつくってしまいます。さらに、日本滅亡の引き金になったりと、原作に知らず知らず介入し、原作キャラクターたちに良くも悪くも周囲に影響を与えます。物語は小学校から丁寧に作られており、まだ原作開始時点にはいたっていませんが、IS学園入学時期に主人公がどのような立場になっているのかとても気になります。

【PC/スマホ版】八咫烏は勘違う

【携帯版】八咫烏は勘違う


二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村