【古典部の八幡】やはり俺たちの高校生活は灰色である

hyouka-eru

評価:B

原作:やはり俺の青春ラブコメは間違っているだろうか,氷菓

ジャンル:クロスオーバー

主人公:比企谷八幡、折木幸太郎

投稿サイト:ハーメルン

※完結済み

折木幸太郎の所属する古典部には、省エネを掲げる自分よりも変わっている人間がいる。それは、比企谷八幡という目が濁っている人物だ。いつものように古典部で、本を読みふけるなど、各々活動するメンバーたちだが……。

これは、『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』の奉仕部のメンバーが、神山高校の古典部にいたらという『氷菓』のクロスオーバー二次小説です。氷菓といえば、日常の中のミステリーという印象があります。奉仕部のメンバーがいても、『氷菓』の雰囲気は崩していないと感じました。最終回まで読んで、ちょっと物足りないなあと思いましたが、『氷菓』の原作や、アニメを見たあとで、この作品を読んでみると、また違った味わいがあるかもしれません。


【PC/スマホ版】やはり俺たちの高校生活は灰色である

【携帯版】やはり俺たちの高校生活は灰色である


▼『氷菓』の聖地、高山を訪れたら、『まるっとプラザ』に立ち寄ってパンフレットを手に入れよう。
氷菓舞台探訪マップ


二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村