一輝くんが逆行し、飛天御剣流を習得したようです。

評価:A

原作:落第騎士の英雄譚

ジャンル:再構成

主人公:黒鉄一輝

投稿サイト:ハーメルン

一輝「ヒテンミツルギスタイル!!」


ステラを溺愛していた黒鉄一輝は、ある日5歳に戻るという奇怪な現象に遭遇した。
黒鉄家の鼻つまみ者のように見られていた一輝の、封じていたいくらいの出来事が日常に繰り広げられていた過去の出来事。
また、同じようになるのか、と少し落胆していた。
すこし、である。
本当は、好機ととらえていた。
剣技模倣により、あらゆる剣技を模倣してきた一輝は、幼い頃ならば、更なる高みに昇れると考えたのだ。
もはや落第騎士など存在しない。

落第騎士の英雄譚13 (GA文庫)

新品価格
¥648から
(2018/2/3 19:59時点)

落第騎士の英雄譚《キャバルリィ》(10) (ガンガンコミックスONLINE)

新品価格
¥617から
(2018/2/3 20:00時点)


落第騎士など影も形もなかった


これは、黒鉄一輝が逆行してヒテンミツルギスタイルを会得した『落第騎士の英雄譚』二次小説作品です。
黒鉄一輝は、物語の終焉に差し掛かったのか、と思うように、何の前触れもなく5歳になっていました。
周囲の景色、自身に浴びせられる言葉。
忘れもしない過去が目の前で展開されていたのです。
彼は、これを好機ととらえました。
今までに見知った剣技の数々を極めることこそが人生というように。
しかし、極めた先には、前と違った人間関係。
ステラの愛が深いようで。
珠雫がヤンデレみたいになっている。
しかし、些細な事です。
一輝はひたすら剣技を磨き続ける。
黒鉄一輝はどのような無双をみせてくれるのか?




【PC/スマホ版】
一輝くんが逆行し、飛天御剣流を習得したようです。


【携帯版】
一輝くんが逆行し、飛天御剣流を習得したようです。




二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする