『ご注文はうさぎですか??』第5羽、モカ色に染められていくラビットハウス?

『ご注文はうさぎですか??』第5羽、ココアちゃんのお姉ちゃんが石畳と木組みの街にやってきた!

ついに登場したココアの姉であるモカお姉ちゃん。

あれ、この声は……?

第4羽で気づいた方もいると思いますが、『がっこうぐらし』のめぐねえと同じです。声優さんが一緒なのですね。

gochiusa2-5-2

このシーンを見た瞬間、アニメ第1期第1羽冒頭のシーンを思い浮かべました。

しぐさがココアちゃんとほぼ同じです。ココアちゃんが街に来た時と、同じ構図にすることでモカさんとココアちゃんが姉妹であることを、視聴者に印象付けようという意図を感じました。

gochiusa2-5-3

手作りの地図です。大雑把な石畳と木組みの街ですが、それでもココアちゃんの姉ならば迷わずにつけるはず。……というか、地図を見ると、駅からラビットハウスまでの道のりって、意外と近かったり?

gochiusa2-5-4

モカさんの行く手を阻む野良ウサギ登場!

gochiusa2-5-5

ウサギにときめくモカさん。

第1期第2羽のココアちゃんとまったく同じ行動をしてしまいました。やはり、姉妹。

▼そのころ、ラビットハウスでは

gochiusa2-5-6

ココアちゃんがそわそわと部屋の中を歩いています。姉がちゃんとお店にたどり着けるか心配な様子。ラビットハウスにお客さんがきたらどうするのですか?

gochiusa2-5-7

野良うさぎをモフモフしているモカさん。その様子を見ていたら、こちらまでウサギをモフモフしてみたくなります。

▼そのころ、ココアちゃんは……

gochiusa2-5-9

姉の到着があまりにも遅いので、ココアちゃんはラビットハウスを飛び出して探しに行くことに。途中でシャロちゃん、千夜ちゃんに出会い、一緒に姉を探してもらいます。

gochiusa2-5-10

ココア「おねえちゃんに、まっかせなさ~い」

姉を案じるココアです。それはいつものココアちゃんや!

▼不審者来店

gochiusa2-5-11

明らかに怪しいお姉さんの来店です。いったい、だれなんだ(棒)。

gochiusa2-5-12

リゼ「あやしいやつだ」

ティッピー「花粉症じゃないかのう」

春になると、花粉症が増えます。私も花粉症なので、春はつらい季節です。しかし、サングラスにマスクだけで不審者に見えてしまうなんて……。

gochiusa2-5-15

不審者「このパン、モチモチが足りない!!」

さすが、保澄ベーカリーの娘です。パンのこととなると、人が変わりました。

gochiusa2-5-17

リゼ「お前は何者だ!?」

gochiusa2-5-18

モカ「わたしは、『わたし』です!」

なるほど、『人類は衰退しました』のわたしちゃんでしたか。

gochiusa2-5-21

モカ『ひと口で普通のもちもちだと見抜いたよ』

ココア『ひと目で尋常じゃないもふもふだと見抜いたよ』

上は、アニメ第2期第5羽のサブタイトル。

下は、アニメ第1期第1羽のサブタイトル。

どれだけココアちゃんとモカさんが姉妹であるかを描いていけるか、アニメスタッフが挑戦しているようです。

gochiusa2-5-23

ココアちゃんのチノちゃんをもふもふしたがる習性は、お姉ちゃんゆずりのようです。

最初のもふもふターゲットになったのは、チノちゃん(ティッピー)。

頭をなでられているのはティッピーなので、チノちゃんはうらやましそう。でも、うれしそうな表情を浮かべています。

gochiusa2-5-24

高校生なのに、リゼ先輩もなでられてしまいました。この表情をするのは、とても珍しいです。

これは、『きんいろモザイク』のあややではないですか?

gochiusa2-5-25

チノ「まるで、おかあさんのような……」

ついにもふもふされたチノちゃん。

その安心しきった表情に、母のぬくもりを感じているようです。

gochiusa2-5-26

リゼ先輩ももふもふされてしまった!

先ほどの、頭ナデナデのときも赤面していましたが、一人っ子のリゼ先輩には刺激が強すぎたようです。

アニメ第2期はリゼ先輩の魅力がどんどん引き出されていますね。

gochiusa2-5-28

モカ「おねえちゃんに、まかせなさーい」

gochiusa2-5-29gochiusa2-5-30

姉としての威厳200%詰まったオーラに、ココアちゃんの姉の威厳はかすんでいきます。モニタの外までオーラが伝わってくるような錯覚に襲われました。

gochiusa2-5-10

ココア「おねえちゃんに、まっかせなさ~い」

ちょっとシーンを戻って、頼れるオーラ見比べてみます。

完全にココアちゃんの敗北です。本物の姉オーラは違いました。

gochiusa2-5-31gochiusa2-5-32

その様子をお店の外から眺めていたココアちゃん。1年間、姉の立場を獲得したのに、モカさんに一瞬にして奪われてしまいました。どんなことをまねても、ホンモノには敵わないということです。

gochiusa2-5-33gochiusa2-5-35

千夜「わたしたちは、三姉妹よ~」

千夜ちゃんなりにココアちゃんを励まします。こんな親友を持つことができて、ココアちゃんは木組みの街に来てよかったと思っていると思います。

▼感動の再開

gochiusa2-5-36

ついに、ココアちゃんとモカさんは感動の再会を果たしました。

gochiusa2-5-37

その様子をみつめる四者。千夜ちゃんだけ笑顔です。きっと「ほほえま~」とか言っていることでしょう。

gochiusa2-5-38

gochiusa2-5-39

上は、褒めてオーラを出すココアちゃん。

下は、驚いた? オーラを出すモカさん。

gochiusa2-5-40

それを見分けられる妹のチノちゃんが一番スゴイ。さすが、幼い頃から接客業をしているだけあります。

▼新しい姉とのお泊り会

gochiusa2-5-44gochiusa2-5-43gochiusa2-5-45 gochiusa2-5-46

チノちゃんが飲み物を取っている間に眠ってしまった二人に、毛布をかけてあげるチノちゃん。

そして、気持ち良さそうに眠る二人に加わりたいという気持ちがチノちゃんを行動させました。

ココアちゃんに寄り添うチノちゃんは、本当の姉妹のようでした。

今回、ココアちゃんのお世話になっているラビットハウスに、姉のモカさんがやってきた話です。なぜ、ココアちゃんが姉にこだわっていたのかが分かる話でした。今まで築いてきた関係に、割って入るようにきたモカさんに、ラビットハウスの面々はうれしいやらはずかしいやら。やはり実姉は偉大な存在であることが分かりました。

これが姉オーラだ!


二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村