『ご注文はうさぎですか??』第11羽、チノのはじめての旅行でごちうさぐらし

『ご注文はうさぎですか??』第11羽は、チノのはじめての旅行とごちうさぐらしの2本立てでお送りします。

▼チノちゃんはカメラ担当

gochiusa2-11-1

gochiusa2-11-2

ココア「この雰囲気、実家を思い出すよ~」

リゼ先輩の発案でやってきた大自然のコテージ。

ココアちゃんの実家『保澄ベーカリー』はけっこうな山奥にあるようです。しかし、実家は青山ブルーマウンテン先生が取材して、雑誌に掲載されるほど有名店なのです。やはり全国各地からリピーターがやってくるのかな?

gochiusa2-11-6

リゼ「いきなりハプニングだ!? クーラーボックスの中が空だ!」

食料が入っているのだとばかり考えていたリゼ先輩は、クーラーボックスの中身に驚愕。食料などひとかけらも入っていません。これでどうしろっていうんですか~。

gochiusa2-11-8

携帯は圏外。

近くの町まで20km以上離れている。

完全に孤立してしまい、旅行どころではない。

チノちゃんも、絶望的な表情を浮かべています。

gochiusa2-11-9

リゼ「大丈夫だっ! 食料調達は我々でするぞっ!」

チノ「急に、サバイバルに!?」

楽しい旅行が生死をかけた戦場になってしまったことを、誰が予想できただろうか?

gochiusa2-11-11gochiusa2-11-12

ココア「大丈夫だよ、チノちゃん。大自然に鍛えられた私と」

シャロ「食料のやりくりに鍛えられた私がいれば」

ココア,シャロ「なんとかなるわ」

第6羽『木組みの街完全攻略』の回でも、ココアちゃんとシャロちゃんのコンビでボートレースをしていましたが、二人が揃うと可愛さが増して見えるのが不思議です。……これがお嬢様オーラ?

gochiusa2-11-13

先ほどの絶望感はどこ吹く風で、二人を見ていたチノちゃんは完全に安心しています。

ココアちゃんの頼れる姉オーラがレベルアップしました。

gochiusa2-11-14

食料調達は二手に分かれます。

川で魚釣りは、ココアちゃん、リゼ先輩、シャロちゃん、チノちゃん、マヤ。

gochiusa2-11-15

千夜ちゃん、メグちゃんで山菜取りへ。

山菜取りのコンビだけ嫌な予感しかしない……。

gochiusa2-11-18

ココア「どっちがたくさん釣るか勝負だよっ」

すぐに勝負したがる最近のごちうさです。

gochiusa2-11-19

ココア,シャロ「同時!?」

同時に魚を釣り上げた二人ですが、実は魚釣り初心者です。

餌をたらして、数秒で釣り上げるとはやりくり上手と、大自然に鍛えられた二人だからこその強運か。

gochiusa2-11-20

ココア「なんか運命を感じるね」

ココアさんは、なんで恋する乙女を表情になっているのでしょう?

そういえば、シャロちゃんとココアちゃんの出会いも運命的でしたね。

▼第1期3羽にて、ココアとシャロの出会い

ごちうさ第1期第3羽

gochiusa2-11-21

チノ「しょんぼリーです……」

ココアちゃんとシャロちゃんが釣りまくっている中、魚がまったく釣れないチノちゃん。

表情はかなしそう……。

gochiusa2-11-23

ココア「私のパワーを分けてあげる!」

魚が釣れないチノちゃんのために、姉らしく手伝ってあげるココアちゃん。ココアちゃんが一番輝いている瞬間です。

gochiusa2-11-24

ココア「もふもふ~」

さすがモカさんと血のつながった妹です。やることがまったく同じです。

▼第2期5羽より、チノちゃんをモフるモカさん。

gochiusa2-5-25

gochiusa2-11-26 gochiusa2-11-27

ココアちゃんのパワーで魚が釣れた!

釣れた瞬間のチノちゃんの顔は、ほほえま~。

▼山菜取りコンビは……

gochiusa2-11-29

怪しげなキノコを千夜さんがおいしさを説明。

明らかにヤバイキノコなんですが。それを満面の笑みで、メグちゃんに間違った知識を植え付けないでもらいたい。

gochiusa2-11-30

高校生組を信頼している純粋無垢なメグちゃんは、千夜ちゃんの説明に疑いもない様子。

これを食べたらシャレにならないぞ。

gochiusa2-11-32

姉は、よそに魚釣りへ。妹は、その場で魚釣り。

これが運命の分かれ道だとは誰も知らなかった。

gochiusa2-11-33

チノ「ココアさんの帽子がっ」

gochiusa2-11-36 gochiusa2-11-38

帽子は、川の水面をどんどん流されていきます。

チノちゃんも必死に追い、水の中へ。

帽子を掴み上げるも、水の流れに逆らえず深みに。

gochiusa2-11-39

泳げないチノちゃんは必死に岸にたどり着きました。

もし、この川の流れが早く、深かったらと思うとゾッとします。

gochiusa2-11-41

チノちゃんのいる場所は中州。

なんとかリゼ先輩に助けを求めて手を振ってみます。

gochiusa2-11-42 gochiusa2-11-43

リゼ「何? 私も来いって? しょうがないなあ(嬉)」

ちっがーう!

チノちゃんのSOSは、正確には伝わりませんでした。

リゼ先輩は、意気揚々と服を着たまま川に飛び込んでしまいます。

どれだけ楽しんでるんですか?

gochiusa2-11-45

チノちゃんを救出したリゼ先輩たちにココアちゃんたちが合流。

gochiusa2-11-46

ココア「泳げないのに川に入った? どうしてそんなことを?」

チノちゃんを妹のように溺愛するココアちゃんには、妹の危機にその場にいなかった自分を悔やんでいるに違いありません。

gochiusa2-11-47

チノ「ココアさんの帽子が流されて。でも、魚捕まえたんですよ」

gochiusa2-11-49

ココア「魚よりもチノちゃん大事」

心配したチノちゃんのために、初めて手を出して怒ったココアちゃん。家族だからこそ、心配だからこそ、間違ったことをしてしまった妹を叱るのが、本当の愛です。

gochiusa2-11-50

ココアちゃんに、はじめて叱られて、しょぼんとするチノちゃん。

gochiusa2-11-51

ココア「でも、ほんとはチノちゃんから目を離した私が悪いのっ」

チノ「私、赤ちゃんじゃないです」

何か起こってからでは、遅いんです。

大切な人を想っているからこそ、なぜその場に自分がいなかったのかと、後悔と自責の念が増していきます。

私には、ココアちゃんの気持ちが分かります。

▼戻ってきた山菜取りコンビ

gochiusa2-11-52 gochiusa2-11-53

満面の笑みで毒キノコを出されても……。マリオのスーパーキノコっぽいものがあるんですけど。

gochiusa2-11-sp4

gochiusa2-11-56

唐突に現れたゾンビ。

ここは『がっこうぐらし』ではありません、お帰りください。

gochiusa2-11-57

リゼ先輩は拳銃で攻撃。そこは、スコップで攻撃しないと。

gochiusa2-11-58

シャロちゃんがおびえながらでも、容赦なくヘッドショットです。

gochiusa2-11-59 gochiusa2-11-60

ココアちゃんがゾンビにやられた!?

gochiusa2-11-61

……という話を、マヤ、メグちゃんから聞いたチノちゃん。チノちゃんはなぜか蓑虫状態で寝ていました。

みんなゾンビになるとか、前世(がっこうぐらし)の記憶ですか? 声優さんは、チノ=丈槍由紀です。

gochiusa2-11-63

メグ「ガオー、クッチマウゾー」

前世の記憶がよみがえったのか、チノは一目散に逃げ出した!

寝袋に入ったまま外に飛び出すとは、チノちゃんは器用です。

gochiusa2-11-64

どうやら、マヤから聞かされた話は大嘘だったようです。楽しかったはずの旅行に、都合よくゾンビは現れません。

シャロ「どうしたの?」

チノ「みんな、ゾンビに……」

gochiusa2-11-65

ココア「何言ってるのチノちゃん。わたしたちが、ゾンビニナルワケナイヨ」

めぐねえの二の舞になってしまったココアちゃん。

gochiusa2-11-66

あまりの恐怖に失神してしまったチノちゃん。

悪ふざけが過ぎたようです。

gochiusa2-11-68

ココア「ごめんね、チノちゃん。焼きマシュマロあげるからゆるして~」

チノ「いただきます」

のほほんな姉がしっかりものの妹に謝る構図はほほえましいです。

gochiusa2-11-72

ココア「今夜は寝かさないよ!」

旅行前夜にタカヒロさんから渡されたコーヒーメーカーは伏線でした。

キャンプに来ても、懐かしの味を味わえるのはいいですね。

gochiusa2-11-80

ショロちゃんにカフェインを与えたらこうなることは、もう様式美ですね。

gochiusa2-11-84

勢いにまかせてリゼ先輩に抱きつくシャロちゃん。酔いが覚めたら死にたくなるのよ。

gochiusa2-11-85 gochiusa2-11-86

みんな「リゼちゃんのおかげで、楽しい休日を過ごせました。ありがとう」

リゼ先輩は、自分の企画したものでみんなが楽しんで遊べているか不安だったんですね。いろいろ準備をしていたけど、ハプニング続きで大変だったけど、うまくいってよかったです。

gochiusa2-11-87

キャンプに来なければ見られない夜空。

私の学生時代は、仲間でキャンプとかしたことがないのでうらやましいです。

ぶらりと旅行に行きたくなる回でした。

今回は、見所がたくさんありすぎて、すべて紹介しきれません。チノちゃんの可愛さと、ココアちゃんのお姉ちゃんらしさがいつもより120%増しです。あと、リゼちゃんはやはりお嬢様だということを改めて認識しました。千夜ちゃんだけがいつもどおりのノリだったことが笑えました。

ごちうさは、実はがっこうぐらし難民救済アニメだったのです。



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村