やはり俺がガラードワースにいるのはまちがっている。

評価:B

原作:学戦都市アスタリスク、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

ジャンル:クロスオーバー

主人公:比企谷八幡

投稿サイト:ハーメルン

規律を重んじる学園で八幡は変わる


修学旅行で学校に行くのが嫌になった八幡。
彼は、総武高校から姿を消し、水上学園都市に行く決断をする。
しかし、通う学園は聖ガラードワース。
規律を重んじる学園なため、彼は強制的に教育指導されることとなった。
しかも、そこの生徒会にまで入らされて……。

過去と決別できるのか?

これは、傷ついた比企谷八幡が、水上学園都市へやってきた『学戦都市アスタリスク』二次小説作品です。
過去に逃げ出してきた八幡は、水上学園都市<<六花>>へやってきました。
本当は、生徒の自主性を重んじる学園に行きたかったのだが、規律重んじる聖ガラードワースに来てしまった。
当然、八幡は話し方などを治さざる負えなくなってしまいます。
教育係にはレティシアをつけ、ジシバシと八幡の捻じ曲がった根性を叩きなおしました。
死んだ目の八幡は、さわやか青年へ。
しかし、奉仕部の魔の手が八幡にのびてきました。
彼の平穏を壊した彼らを八幡はどうするのでしょうか。
仲直りすることはできるのか?



【PC/スマホ版】やはり俺がガラードワースにいるのはまちがっている。

【携帯版】やはり俺がガラードワースにいるのはまちがっている。



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村