【中二病な正義の味方】Fate/シロウ厨二戦争

評価:B

原作:Fate/stay night

ジャンル:再構成

主人公:衛宮士郎

投稿サイト:ハーメルン

カッコよさは半減した

「俺は正義の味方になる!」「あぁ、安心した」
切継は、士郎の言葉に困惑したものの、ほっとした笑みを浮かべて他界した。
それからというもの、衛宮士郎は一日一善をするジャスティスファンタズムとなったのだ。
幼い頃より発症した中二病は、もう完治しない。
彼は、正義の味方として、今日も人々を救うため活動している。

地の文はすべて中二病

これは、中二病をこじらせた衛宮士郎がひたすら正義の味方をする『Fate/stay night』二次小説作品です。
みなさんは、中二病、というものをご存知だろうか?
思春期を迎えた中学2年の頃にかかってしまう病で、
形成されていく自意識と、
幼児性が混ざり合って、
おかしな行動をとってしまうという。
さて、衛宮士郎という少年は切継の願いを変わりにかなえるため、幼い頃に中二病にどっぷりつかってしまったのです。
もはや、病は治ることはなく、周囲の人は温かい目で見守ることしかできない。
中二病な士郎を見たアーチャーを想像すると、笑いがこみ上げてきます。


▼おかしな行動をとってしまう中二病



【PC/スマホ版】Fate/シロウ厨二戦争

【携帯版】Fate/シロウ厨二戦争


二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする