もしキリトさんが茅場晶彦によってSAOのレベルのまま迷宮都市オラリオに送られたら。

sao2-18

評価:B

原作:ソードアート・オンライン,ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ジャンル:クロスオーバー

主人公:キリト

投稿サイト:ハーメルン

アイングラッドを創造した茅場明彦は、異世界の存在を確認した。そして、自分の創造したゲームをクリアしたキリトにその世界を探索してもらいたい、と。迷宮都市オラリオに旅立つキリトだが、直後に彼を恨むことになる。オラリオでは、アインクラッドとレベルの概念が違うのだ。レベル90以上のチーターに、オラリオはどこまで耐えられるのか。

ソードアート・オンライン ミュージックコレクション (初回生産限定盤)
梶浦由記
Aniplex (music) (2016-01-27)
売り上げランキング: 197

これは、レベル97のキリトがレベル7で最強といわれる迷宮都市オラリオを探索する『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』二次小説作品です。レベルを尋ねるのはマナー違反なのに、キリトの強さが気になり、聞いてしまうロキ・ファミリアの少女と、律儀にレベルを言うキリト。どうせなら、異世界なのだから、自分の強さの確認など、慎重になってもいいのではないか、と思いました。最後まで自分のレベルを秘密にしたまま、英雄として担がれるキリトも見てみたかったかも。いつもの悪い癖が出たあの女神ですが、キリトにかかれば瞬殺されそう……。まだ序章の作品ですが、キリトがロキ・ファミリアやヘスティア・ファミリアなど異世界の人々とどのように関わっていくのか気になります。


▼歌い手、編集、プログラム、すべてが神ィ!

【PC/スマホ版】もしキリトさんが茅場晶彦によってSAOのレベルのまま迷宮都市オラリオに送られたら。

【携帯版】もしキリトさんが茅場晶彦によってSAOのレベルのまま迷宮都市オラリオに送られたら。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村