【冒険者はくのん】ダンジョンに屈しないのは間違っているだろうか?

評価:B

原作:Fate/EXTRA,ダンジョンで出会いを求めるのは間違っているだろうか

ジャンル:クロスオーバー

主人公:岸波白野

投稿サイト:ハーメルン

ダンジョンに出会いを求めたのは間違いではありませんでした。


駆け出し冒険者のベル・クラネルは、第5階層でいるはずのないモンスター、ミノタウロスに追いかけられていた。逃げ道の先には、行き倒れた女の子が。ベルは、自分より格上なミノタウロスに刃を向け、少女を護ろうするが、力量差は歴然である。二人はアイズ・バレンシュタインに救われ、少女はヘスティアファミリアへ入信を決意する。
異世界の、聖杯戦争を戦いぬいた少女、岸波白野のファミリアミィスが始まる。


はくのんの冒険


これは、迷宮都市オラリオに迷いこんだ岸波白野が主人公の『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』二次小説作品です。
月の聖杯戦争との戦いが原因なのかさだかではないですが、はくのんはダンジョンで倒れていました。ダンまちとFateのクロスオーバーは、士郎かエミヤといったSNのキャラが多いですが、この作品はEXTRAのはくのんがクロスオーバーされているので、新鮮に感じました。
概念礼装など、ゲーム原作知識があれば、より楽しめると思います。






【PC/スマホ版】ダンジョンに屈しないのは間違っているだろうか?

【携帯版】ダンジョンに屈しないのは間違っているだろうか?


二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする