「 二次小説紹介 」一覧

【もうひとりのHSS所持者】哿と婚約者

【もうひとりのHSS所持者】哿と婚約者

イ・ウーという団体に所属する少女。 名は、紅華。 その名のとおり紅の色がぴったり合う、低身長な少女。 彼女は、シャーロックホームズから婚約者の話を持ち出された。 なぜ、彼女に? それは、シャーロックホームズしか知らない。 推理してみたまえ。 さて、婚約者に指名した彼の名は、遠山キンジ。 ヒステリックサヴァンシンドローム、略してHSSという、性的興奮すると能力が30倍まで強化されるという特異体質だった。 紅華は、納得した。 彼も自分と同じHSS所持者だったのだ。

緋弾のアリア 貞操観念逆転

緋弾のアリア 貞操観念逆転

ある日、世界は逆転した。 男は女に。女は男に。 否、全人類が性転換したわけではない。 貞操観念が逆転したのだ。 巷には、男の裸の本が並べられ、痴漢の被害者は男である。 そんな世界に生まれ落ちた主人公は、武偵にして、特殊捜査研究科Sランクである。 貞操観念が逆転しようが、悪は犯罪を犯す。 どんなに世界が変わろうとも、することは変わらない。

ALO コラボイベント開催!《ナザリック地下大墳墓を攻略せよ!》

ALO コラボイベント開催!《ナザリック地下大墳墓を攻略せよ!》

ゲームは次から次へと無数に作り出され、淘汰されていく。 オーディナル・スケールに多くのプレイヤーが流れ、ALOやユグドラシルなどのゲームプレイヤーは過疎っていった。 そこで、運営は離れていったプレイヤーを取り戻すべく、一大イベントを告知した。 アルヴヘイム・オンラインとユグドラシルのコラボイベント開催である。 プレイヤーたちの相手をするのは、ユグドラシルでも最強を誇るギルドにして、異業種プレイヤーたちだ。 悪役こそかれらの花道。 ギルド長モモンガをはじめ、至高の御方が、ひよっこALOプレイヤーで遊ぶのだ。 さあ、プレイヤーたちよ。 かかってくるがいい!

【みぽりん、聖グロリアーナへ】私の名前はラベンダー

【みぽりん、聖グロリアーナへ】私の名前はラベンダー

黒森峰学園中等部を卒業した西住みほは、予定どおりに高等部へと進学すると思われた。 しかし、みほが選んだのは、聖グロリアーナ。 紅茶をあだ名にする名門である。 「~わよ」「~ですのよ」という会話は、まさにお嬢様ならではである。 そんな中に、普通、とは言い難いが、のほほんなみぽりんが入学した。 彼女は、やはり西住流である。 聖グロの戦車道チームに入り、紅茶の名前を与えられた。 その名は、『ラベンダー』。 彼女は、黒森峰から離れて、聖グロで自分の戦車道を見つけるのか?

【はやてはママになる?】八神家の木漏れ日

【はやてはママになる?】八神家の木漏れ日

フェイト執務官に届いたビデオメッセージ。 その話をするために、機動六課の隊長がそろっていた。 ビデオの主は、自分自身を八神はやてのクローンと名乗り、助けを求めていた。 彼女は、幼いころの八神はやてと瓜二つ。 しかし、思考は冷静沈着。 まるで大人のはやてをそのまま小さくしたようだった。 最初は、怪しさ抜群の隊長たちだったが……。

NO IMAGE

英雄伝説 閃の軌跡3 灰の剣聖

リィン・シュバルツァーは、エレボニア帝国の内乱を終結させ、灰の騎士として英雄に祀り上げられた。 それは、ギリアス・オズボーンの策略かもしれない。 しかし、彼は従うしかなかった。 灰の騎士として政府からのオーダーを遂行していくなかで、リィンは、自分の師であるユン・カーフェイに連れ出された。 とある森で一年間、剣の修行をし、彼はついに至った。 ユン老師から剣聖の名をいただき、リィンはトールズ士官学院第二分校の教官となる。 剣聖と至った彼の実力は如何ほどか?

天の智慧研究会の中でもまともな魔術師

天の智慧研究会の中でもまともな魔術師

天の智慧研究会。 魔術の発達した世界で、研究者たちが、魔術の研究をしている、わけではない。 実態は、テロリスト集団である。 その構成員のひとりであるステラは、学友を殺せという指令が下された。 だが、彼女はそれを拒否。 仕方なく、上司はルミア=ティンジェルの監視を頼むことにした。 学友には手を出したくないという甘い考えを持つステラは、同胞のテロにどのような行動を起こすのか?

救われた男と堕ちた天使

救われた男と堕ちた天使

紅夕陽、ひきこもり。 小学校の頃の嫌な事件――というほどでもないが、それが原因で、彼は不登校となった。 それ以来、引きこもり。 しかし、勉強をする意欲はあったらしく、義務教育をなんとか終了し、高校に入学することができた。 他人の視線が気になり、逃げてしまうという、トラウマにおびえるような日々。 だが、今日で終わりだ。 自分を奮い立たせ、高校の入学式に挑む。 彼は、他人の視線など気にしない。 なぜなら、天使のような彼女、ガヴリールと出会ってしまったのだから。

小さな悪が変わるとき…

小さな悪が変わるとき…

魔術学院に通う主人公は、ひとつすべきことがあった。 それは、ルミナ・ティンジェルの暗殺。 クラスメイトが天使と認める彼女を、あろうことか殺すのだ。 撲殺、毒殺などなど、様々な方法でルミナを殺そうとするのだが、決まって邪魔が入る。 さらには、ロクでなし魔術講師もやってきて、彼はますます目的達成が困難になっていく。 彼は、悪を成すことができるのか?

NO IMAGE

【逸見エリカの幼馴染】チーズハンバーグ

黒森峰学園は学園艦の上にあり、そこに通う逸見エリカは、里帰りのために学園艦を降りた。 熊本の某所にある我が家、そして、幼馴染の顔を久々に見たかったのだ。 エリカは、グダっていた幼馴染に呆れつつも、ちょっとうれしそうだ。 家計は火の車な幼馴染の家。 そこで、エリカは提案をする。 自分が食材を提供するかわりに、料理しろ、と――。