「 二次小説紹介 」一覧

NO IMAGE

【検閲済】■■■■は■■■■■

神世紀298年。 神樹様に選ばれた3人の勇者たち、鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪銀は、安芸先生にとある人物を紹介される。 彼女の名は、天動瑠璃。 鷲尾須美たちよりも2代前の勇者にして、今もなお現役でお役目を担っている大先輩である。 瑠璃は、史実の中でも群を抜いて最強の勇者だった。 しかし、強すぎる故の悩みは多い。 彼女は、戦いの中で見たものに何を感じ、次世代勇者たちに何かを残そうと行動する。 天動瑠璃の、次の勇者に繋げる物語である。

小木曽望乃は勇者である?

小木曽望乃は勇者である?

「あなたたちは、用済みなのよ」 勇者に選ばれた讃州中学勇者部の面々は、後から出てきた大赦公認の勇者に驚愕していた。 一人は、にぼっしーこと三好夏凛。 もう一人は、小木曽望乃。 二人は、完成型勇者だった。 そして、讃州中学勇者部は、そのデータ収集の先見隊。 とりあえず、みんな仲良くしようとするも、ツンデレ夏凛は、拒否をする。 本来は、完成型勇者は三好夏凛一人だが、もう一人のほんわか完成型勇者は、 いったい何者なのか?

ダンジョンで神様を嫁にする為に神を目指すのは間違っているだろうか

ダンジョンで神様を嫁にする為に神を目指すのは間違っているだろうか

神ヘスティアには、家族がいない。 知り合いの神は、ファミリアは大小あれどそれなりの規模を持っている。 しかし、彼女のところにはゼロ。 神は、下界だと能力は制限されている。 だから、彼女は今日もじゃが丸くんを売っているのだ。 今日も仕事にせいを出すヘスティアだが、いつもとは違っていた。 なぜなら、公衆の面前で告られてしまったのだ。 神なのだから、人が好きになるのは当たり前? いや、彼は異常だ。 異常な程に神ヘスティアを愛してしまったのだ。 目と目が合う瞬間から、恋ははじまっていた。 そんな彼に対する、ヘスティアの返事は――。

俺ガイル×BanG Dream!

俺ガイル×BanG Dream!

総武高校に通う比企谷八幡は、奇妙な女と出会った。 彼女は、やたらとハイテンションで周囲を巻き込むほどパワフルだ。 名前は、戸山香澄。 彼女の全力で取り組んでいる姿勢に衝撃を受けた八幡は、かつてのバンドメンバーとの面影をかさねつつ、しぶしぶと彼女に付き合うことになる。 しだいに集まるバンドメンバーに、総武高校の面々を思い出す八幡。 彼は、再びバンドを始めることになるのか?

衛宮士郎は■■■■■である

衛宮士郎は■■■■■である

神世紀298年。 神樹様に選ばれた3人の少女は、学業の傍ら、バーテックスと戦っていた。 鷲尾須美、三ノ輪銀、乃木園子のクラスメイトである衛宮士郎は、彼女たちが戦っているなど全く知らず、普通の日常を謳歌する。 しかし、彼は勇者の戦いに紛れ込んでしまった。 戦う術を持たない一般人にバーテックスは牙を剥く。 そんなとき、彼の魂に染み込んでいた知識が目覚める。

【乃木園子の気まぐれ】その前の園子

【乃木園子の気まぐれ】その前の園子

勇者システムにより神樹様に、供物を捧げた乃木園子は、ずっとベットにいる。 三ノ輪銀がいなくなり、鷲尾須美が去ってから、一人でバーテックスと戦う日々。 こうして、動けなくなるまでに疲弊していた。 大赦が世話をしてくれるが、となりには、誰もいない。 園子は、暇をもて余していたのだ。 そこで、彼女は人を呼び寄せることにした。 「わたしの話し相手になってくれる人、こっち来て~」

【コナミ君】オベリスクは必要ない!

【コナミ君】オベリスクは必要ない!

悪魔や天使、堕天使が当たり前のように闊歩している人間界で、彼らの間で流れている噂があった。 人間でありながら、魔物を操る『血も涙もない決闘者』。 悪魔など化け物に出会ったら、生存本能から逃げ出すのだが、その男は、デュエルディスクを掲げて問いかける。 「おい、決闘しろよっ」 モンスターと共に戦うそいつは、コナミ君(仮)。 彼は転生者だったのだ。 コナミ君(仮)は、生前愛用した時械神デッキで、人間にやさしくない世界で、化け物たちとデュエルする。 しかし、彼は悩む。 デッキに眠る『オベリスクの巨神兵』に。

NO IMAGE

もしもカカロットが幻想郷に落ちていたら

惑星ベジータの消滅。 フリーザがサイヤ人を滅ぼす前に、PODが地球にめがけて射出された。 その中には、赤ん坊のカカロットが乗っている。 彼は、地球に墜落し、孫悟飯に拾われるはずだった。 しかし、彼が落ちたのは、幻想郷である。 カカロットの存在は生き残りサイヤ人ですら忘れられたのだ。 人々から忘れられた存在は幻想と化す。 それは、カカロットも例外ではない。 幻想郷に純粋なサイヤ人が降ってきた。

BanG Dream!ーMy Soul Shouts Loud!!

BanG Dream!ーMy Soul Shouts Loud!!

その男は大学生であり、 ミュージシャンであり、 変態でもある。 六角ヒビキという男は、そのような3つの顔を持つ男だった。 ミュージシャンである彼は、ライブハウスの店長を任されていたために、ガールズバンドのメンバーとの接点がかなり多い。 学生であり、バンドの先輩であるため、ファンだけでなく、ガールズバンドからも好印象だ。 だが、裏の顔がある。 音楽の才能、腕はいい。 でも、コスプレ好きだったのだ。 ソレがなければ、彼女だっていただろうに。