「 二次小説紹介 」一覧

憑依した先はCGS一軍の隊員でした。

憑依した先はCGS一軍の隊員でした。

CGSの壱番組には、彼らの中で一番強いと自負している者がいた。 彼の名は、トウガ・サイトー。 壱番組だというのに、ハエダ達から顎でこき使われている。 参番組と同じような境遇だった。 彼は、参番組とは意外と仲が良い。 なぜなら、壱番組の鬱憤ばらしをかばったり、参番組のために畑を耕したりと、何かと世話をやいているからだ。 彼が、参番組を気にかけているのは理由があった。 いずれ、オルガ・イツカが鉄華団をつくることを知っているからだ。 決して離れることのない絆。 それに、どうしようもなく憧れた。 だから、今日も参番組となかよくしよう。

うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる

うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる

国防陸軍情報部にはちょっと変わった諜報員がいる。 前世の記憶を有し、自分の生きている世界がとある物語と酷似していることを認識している彼の名前は、関重蔵(36)だ。 36歳の彼は、魔法科第一高校に潜入任務に就くことになった。 なぜならば、オッサンに見えないほどの童顔だったのだから。 嫌々ながら、仕事だからと仕方なく現場に赴いた彼は、愕然とした。 原作に登場しない人間がいるわいるわ。 それだけだったら問題はない。 しかし、彼は気づいてしまった。 まるで狙ったかのようなポジションを確保した原作には存在しない人物を。

魔法少女育成計画routeS&S~もしものそうちゃんルート~

魔法少女育成計画routeS&S~もしものそうちゃんルート~

スノーホワイトの騎士として戦い、音楽家クラムベリーにやられてしまったラ・ピュセル。 事故死として処理をしようとしたクラムベリーだったが、奇襲されてしまう。 スイムスイムをはじめとしたルーラー派の魔法少女が、ラ・ピュセルを助けたのだ。 なぜ、ラ・ピュセルを助けたのか? それは、スイムスイムがお姫様になるためだった。 かつて、ルーラーに従えた自分のように、ラ・ピュセルには引き立て役になってもらおうというのだ。 それは、純粋無垢なゆえに狂っている願い。 スノーホワイトの騎士である岸辺颯太に、選択を迫るスイムスイム。 彼が選んだ答えとは――。

【オッス、おねがいしま~す】野獣先輩のIS学園物語

【オッス、おねがいしま~す】野獣先輩のIS学園物語

女尊男卑に染まった世界で、まったく動じてない男がいた。 田所浩二、あだ名は野獣。 人は、彼を親しみを込めて、野獣先輩という。 まあ、24歳でIS学園生徒は、年下なんだから、しかたないね。 野獣先輩は、織斑一夏と知り合いだった。 ということは、わかるよなあ。 野獣先輩は、女子に囲まれていようが、色仕掛けしようがどうでもいい。 114514、その自信をへし折ってやるからよ。

魔法少女育成計画 己の大切な人を生かしたい

魔法少女育成計画 己の大切な人を生かしたい

淡雪ミヤビは、幼いころにずべてを失った。 そして、犬吠埼家に引き取られた。 犬吠埼珠とは実の兄妹のように仲がイイ。 だが、彼らに対して周囲は冷ややかだった。 そんな彼らの唯一の楽しみは、魔法少女育成計画というゲームだった。 何万人に一人という確率で、本当の魔法少女になれる……。 それが、リアルを忘れさせる一因だったかもしれないが。 『おめでとうポン! あなたは魔法少女に選ばれたポン!』 魔法少女になるために、魔法少女を殺すというゲーム。 ミヤビは、たまのために、仕組まれたゲームに挑む。

NO IMAGE

ノーゲーム・俺ガイル

かつて、無敗を誇っていたゲーマーの都市伝説があった。 『』(空白)という名のプレイヤーは、ゲームにおいて敗北はない。 しかし、彼らに唯一、引き分けにさせた勝負があった。 その相手とは、ハチというプレイヤーネーム。 本名を比企谷八幡という。 彼もまた『』(空白)と同じように、社会から鼻つまみ者とされ、才能を発揮できずにいた。 盤上の世界の唯一神テトは、八幡もこの世界に誘おうと思う。

【あおっちの社会人恋愛】ミュージック

【あおっちの社会人恋愛】ミュージック

勉強はまったくできないが、音楽好きでバンドまで組んでいた音村楽は、その才能を買われて、ゲーム会社イーグルジャンプに就職できた。 そこで、楽に電流走る。 ツインテールを靡かせた子供が、会社の中にいたのだ。 彼女の顔が脳裏に張り付いて離れない。 自分の守備範囲は、大人のお姉さんだったはず。 恋は唐突だと話に聞くが、まさか当事者になろうとは。 これは、あおっちとの社会人恋愛を描いた物語。

NO IMAGE

顔だしNGのアイドルA

yo〇tubeに歌ってみた投稿をしている女子大生、浅間凪。 彼女は、ハンドルネーム346プロダクションからメッセージを受け取った。 「アイドルになってみませんか?」 彼女の歌声は、芸能プロダクションにティンッときたらしい。 それ以来、ほぼ毎日送られてくるメールに、根負けした彼女は、立派な扉を開けた。 346プロダクションの重い扉をくぐり、メールの送り主に出会う。 そして、彼女は思った。 わたしと似ている……?

【短編集】アハーンジュルジュルレロレロレーン

【短編集】アハーンジュルジュルレロレロレーン

青い星で人類は繁栄した。 だが、人類は海より出現したセイレーンなる異形の者たちに蹂躙される。 人類は衰退しました――。 否、彼らはただ指をくわえて滅びを受け入れない。 人類はセイレーンに対抗するため、軍事連合アズールレーンを設立する。 艦船少女を建造し、セイレーンに対抗しようした彼らだが、意見対立により連合から脱退した者が新たな連合を設立する。 人類の戦いは泥沼化の一途をたどっていった。 ――そんな背景など気にしないとある指揮官の日常を淡々と書き記す。

NO IMAGE

【飯テロ】ラーメン大好き電(いなずま)ちゃん

鎮守府の誰よりもやさしい艦娘がいた。 彼女は、人類の敵、深海棲艦ですら救いたいと願う、心やさしい少女。 特Ⅲ暁型四番艦電(いなづま)である。 そんなやさしさ溢れる少女には、夢中になっているものがあった。 任務終わり、それを口に運び、スープと絡み合う食感と味は、生きていることに感謝するほどの感動を与えてくれる。 ラーメン。 もはや、これがなければ生きていけないほどだ。 それほど、ラーメンを愛してやまない電は、今日も麺を口に頬張る。