「 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」一覧

NO IMAGE

俺ガイルINインフィニットストラトス

比企谷八幡は、第二のIS男性操縦者として、IS学園に連行されてしまった。 世界最強の織斑千冬の庇護下にある織斑一夏と出会ったが、ヤバい思考のの持ち主だと早々に気づいた。 冷静に思考を巡らす八幡とは違い、猪突猛進一夏のせいで、八幡の生活が脅かされる。 八幡は、己の理想、専業主夫の生活を目指したいが、その前に、頭のネジが緩んだものに巻き込まれる。 IS学園なら3年間は安全だと聞いていたのに……

NO IMAGE

腐り目の銃士と氷の狙撃手

ガンゲイル・オンライン。略してGGO。 そのゲームにおいて、トランス・ハイという二つ名で呼ばれているトッププレイヤーがいた。 プレイヤーネーム<<エイト>>である。 エイトは、がむしゃらにプレイしつづけ、誰よりも強くなっていった。 その様子は、まさしくトランス・ハイ。 彼のリアルは、比企谷八幡という名を持つ大学生。 妹をゲームに奪われた青年だった。 ある日、スナイパーのシノンとの出会いが、彼の停滞していた時間が動き出す。

NO IMAGE

ノーゲーム・俺ガイル

かつて、無敗を誇っていたゲーマーの都市伝説があった。 『』(空白)という名のプレイヤーは、ゲームにおいて敗北はない。 しかし、彼らに唯一、引き分けにさせた勝負があった。 その相手とは、ハチというプレイヤーネーム。 本名を比企谷八幡という。 彼もまた『』(空白)と同じように、社会から鼻つまみ者とされ、才能を発揮できずにいた。 盤上の世界の唯一神テトは、八幡もこの世界に誘おうと思う。

【天使だと再確認した八幡】戸塚彩加は隠していた。

【天使だと再確認した八幡】戸塚彩加は隠していた。

総武高校に通う比企谷八幡は、修学旅行真っただ中。 初日の夜に、平塚先生、雪ノ下とラーメンを食べた八幡は、時刻も深夜を回ろうとしていたが、今日の疲れを癒すために、ホテルの大浴場に行った。 そこで八幡が見たものは、戸塚の下着姿だった。 男の下着姿なら何の問題もない。 いや、天使のような戸塚の肌を見てしまったのは、謝ろう。 しかし、八幡はおかしなことに気づいた。 戸塚がブラジャーをしていることに。 さらに、そこに膨らみがあることに。

NO IMAGE

ドラえもん「比企谷八幡の日常生活!」

野比のび太といえば、 テストで0点をとる。 運動オンチ。 何をやってもダメなイメージがある。 そんな小学生に、比企谷八幡が憑依した。 高校2年生の視点から見ても、ありえないほどの理不尽を受けているのび太少年。 なぜ、自分がダメダメな小学生になってしまったのか。 未来から来たネコ型ロボットのドラえもんと協力して、この不可解な現象の謎に迫る。

俺ガイル×BanG Dream!

俺ガイル×BanG Dream!

総武高校に通う比企谷八幡は、奇妙な女と出会った。 彼女は、やたらとハイテンションで周囲を巻き込むほどパワフルだ。 名前は、戸山香澄。 彼女の全力で取り組んでいる姿勢に衝撃を受けた八幡は、かつてのバンドメンバーとの面影をかさねつつ、しぶしぶと彼女に付き合うことになる。 しだいに集まるバンドメンバーに、総武高校の面々を思い出す八幡。 彼は、再びバンドを始めることになるのか?

八幡は魔法科高校に入学する。

八幡は魔法科高校に入学する。

中学の修学旅行がきっかけで、奉仕部に所属していた比企谷八幡は、心に深い傷を負う。 奉仕部をやめ、少しずつ傷が癒え始めたころ、魔法科第一高校に進学した。 しかし、そこにはかつての葉山グループとおまけが、彼の目の前に立ちはだかる。 いまだに成長しない彼らに、八幡はどこ吹く風でスルーを決め込むが……。 四葉家の分家である比企谷八幡が、妹のために、時に流され、時に立ち向かう物語。

俺の青春ラブコメはここからはじまるのかもしれない

俺の青春ラブコメはここからはじまるのかもしれない

比企谷八幡の前に現れた少女。 彼女を見た瞬間、心臓が跳ね上がった。 彼女と出会ったのは、保澄心愛という女子生徒が奉仕部に依頼をしたからだ。 奉仕部は、彼女の依頼でラビットハウスという喫茶店に向かう。 そこで、八幡は己の運命と出会う。 彼の目は、天使のような少女に釘付けだった。 この感情を、八幡はどうするのか?

この素晴らしい世界でも俺のラブコメはまちがっている。

この素晴らしい世界でも俺のラブコメはまちがっている。

ネコを車から救う八幡は、自分の身体をいけにえに捧げた。 そうして、彼は女神アクアの間に誘い出されたのだ。 となりにいるのは、トラクターに耕されたと錯覚して死んだ佐藤和馬。 二人は、特典を選び異世界行きを選択する。 片や、ヒキニート。 片や、ハイスペック頭脳。 おまけで、駄女神。 八幡は、今度こそ、ホンモノを見つけることができるのか?