「 魔法科高校の劣等生 」一覧

魔法科らは逃げれない。

魔法科らは逃げれない。

罰あたりにも、古墳に無断で侵入し、探検する愚行をしている主人公は、キマイラに襲われた。 墓荒らしなのだかた、当然の結果である。 逃げた先は、海へダイビング。 そこを偶然にも、九島を名乗るじいさんに助け出されたのだ。 さらには、主人公の身体の隅々まで調べた結果…… 一般人なのに、魔法が使えるようになっていた!? 主人公に、一般人と魔法師の架け橋をお願いする九島爺。 彼の思惑を薄渦気づいてながらも、従うしかないのだ。

NO IMAGE

魔法科高校の絹旗最愛

絹旗最愛は、学園都市に潜入した魔術師に勝負を挑み、死んだ。 と思ったら、見知らぬ場所で寝かされていた。 誰かが助けてくれたのかと考えを巡らすが、どうやら違うようだ。 自分は高校に入学したらしいことだけ分かったが、理解できない。 知らない人物の名前もあり、ますます自分の現状が分からない。 どうしてこうなった? 分からないなら、情報収集。 絹旗最愛は、とりあえず自分が入学したという、魔法科第一高校に登校するために、マップを探した。

うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる

うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる

国防陸軍情報部にはちょっと変わった諜報員がいる。 前世の記憶を有し、自分の生きている世界がとある物語と酷似していることを認識している彼の名前は、関重蔵(36)だ。 36歳の彼は、魔法科第一高校に潜入任務に就くことになった。 なぜならば、オッサンに見えないほどの童顔だったのだから。 嫌々ながら、仕事だからと仕方なく現場に赴いた彼は、愕然とした。 原作に登場しない人間がいるわいるわ。 それだけだったら問題はない。 しかし、彼は気づいてしまった。 まるで狙ったかのようなポジションを確保した原作には存在しない人物を。

魔法科高校で一目惚れしました!!!

魔法科高校で一目惚れしました!!!

それは、一目惚れだった。 入学早々に、彼女を見た瞬間に天命が下ったかのようだった。 男子生徒、西郷恭弥は、彼女に駆け寄ると愛の告白をしていた。 相手の光井ほのかは、マシンガンのような愛の告白に顔を真っ赤にしている。 それでも彼は、やめない。 恋は盲目だというが、彼はほのかを振り向かせることができるのか。

【入れ替わり】魔法科高校の攘夷志士

【入れ替わり】魔法科高校の攘夷志士

「おい、ヅラ」と銀時が言うと、 「ヅラじゃない、カツラだ!」と、お決まりのセリフが飛ぶかと思われた。 しかし、銀時の目の前の人物は、桂小太郎の容姿をしているが、女口調でこう名乗る。 「わたし、七草真由美です!」 男が腰をくねらせ、どこの誰だかわからない人間を名乗ったのだ。 銀時はキレてもいい。 この調子に乗ったヅラにカツラを3段重ねしてもいいくらいだ。 だが実際問題に、銀時の前の人物は、桂小太郎の容姿を持つ七草真由美という個体だった。 万事屋銀時、このいつかのように覚えのある問題を解決できるのか? ……まさか、自分までも入れ替わる事態になろうとは。

八幡は魔法科高校に入学する。

八幡は魔法科高校に入学する。

中学の修学旅行がきっかけで、奉仕部に所属していた比企谷八幡は、心に深い傷を負う。 奉仕部をやめ、少しずつ傷が癒え始めたころ、魔法科第一高校に進学した。 しかし、そこにはかつての葉山グループとおまけが、彼の目の前に立ちはだかる。 いまだに成長しない彼らに、八幡はどこ吹く風でスルーを決め込むが……。 四葉家の分家である比企谷八幡が、妹のために、時に流され、時に立ち向かう物語。

チート染みた能力を持っているけど母音ーッンしか発せられない

チート染みた能力を持っているけど母音ーッンしか発せられない

その男に、誰もが唖然としていた。 彼をなんと表現したらいいのか、、、そうだ、ヤンキー! 一昔前の不良のような容姿をした彼は、誰かから声をかけられたら、ガンつけるという行為をしている。 魔法科高校に、なぜこんな奴が⁉ しかし、彼はただ母音しか発声できないだけだった。

横島MAX(よこしまっくす)な魔法科生

横島MAX(よこしまっくす)な魔法科生

この度、司波兄妹が入学した魔法科高校。 そこには、とんでもない問題児がいる。 入学からわずか3日にして、風紀委員に山のように苦情がよせられる。 それは、すべてひとりの男が引き起こしていた。 横島忠夫、重度な女好きなナンパ野郎だ。 達也は、彼の能力に警戒するが、性格にも警戒した方が良さそうだ。 いつ、深雪にいやらしい目が向かうか分からない……。