「 英雄伝説 」一覧

NO IMAGE

【フィー主人公】妖精の軌跡

トールズ士官学院の学生寮の一室、フィー・クラウゼルは可愛い寝顔を浮かべていた。 西風の旅団にいた彼女は、数日前に入学し、Ⅶ組のクラスメイトと、これから勉学に勤しむことになる。 しかし、彼女は猫になっていた。 彼女のクラスの教官が、起こしに来るまではずっとベットで丸くなっていたに違いない。 フィーは、猟兵という特殊な事情があるが、集ったクラスメイトの中に、とんでもない人物がいることは、ずっと後のことである。

鉄血の子リィン・オズボーン

鉄血の子リィン・オズボーン

七耀暦1203年。 リィン・オズボーンは、トールズ士官学院の門を叩く。 あの、ギリアス・オズボーンの実子が入学してきたという噂は、瞬く間に学院中にかけまわる。 同級生となるトワ・ハーシェルやアンゼリカなど、貴族も平民も、様々な出会いがリィンを待っていた。 リィンの父を討たんとするクロウ・アームブラストもその一人。 宿敵の息子が入学してきて、心穏やかでないクロウ。 父のすることを絶対と信じて疑わないリィン。 彼らの溝は深まるばかりか。それとも――

【リィン、リベールに行く】閃の軌跡0 FC

【リィン、リベールに行く】閃の軌跡0 FC

リィンは荒れていた。 ユン老師から修行を打ち切られ、義妹からよ避けられていた。自分が情けなくて、シュバルツァーの家を出た。 兄弟子を訪ねて、向かった先は、リベール王国。 彼は、カシウス・ブライトの娘。 太陽の娘と呼ばれるエステル・ブライトに出会うことになるのだが……。

NO IMAGE

英雄伝説 閃の軌跡3 灰の剣聖

リィン・シュバルツァーは、エレボニア帝国の内乱を終結させ、灰の騎士として英雄に祀り上げられた。 それは、ギリアス・オズボーンの策略かもしれない。 しかし、彼は従うしかなかった。 灰の騎士として政府からのオーダーを遂行していくなかで、リィンは、自分の師であるユン・カーフェイに連れ出された。 とある森で一年間、剣の修行をし、彼はついに至った。 ユン老師から剣聖の名をいただき、リィンはトールズ士官学院第二分校の教官となる。 剣聖と至った彼の実力は如何ほどか?

おぉ、リィンよ。憑依されてしまうとは情けない

おぉ、リィンよ。憑依されてしまうとは情けない

俺は、どこにでもいる一般人、××××。 幼馴染みで同級生の奴などいないが、コンビニ帰りに、怪しげな男と女の行為を目撃した! それを見るのに夢中になっていた俺は、背後から近づく男に気づかなかった。 目が覚めると、リィン・シュバルツァーになっていた。 アイエエエエエ、リィン、リィンなんで!? 英雄伝説閃の軌跡の主人公に憑依した彼は、マグバーンや鋼の聖女のような化け物と刃を交えなければならくなった。 彼は、物語のレールに乗れるのか?

【アルティナ主人公】灰色騎士と黒兎

【アルティナ主人公】灰色騎士と黒兎

エレボニア帝国の内戦において、英雄として道化となったリィン・シュバルツァー。 政府からのオーダーを受けるとき、情報局の黒兎<<ブラックラビット>>こと、アルティナ・オライオンはリィンの監視と護衛の任で共に行動していた。 これは、トールズ士官学院第二分校にリィンが赴任する前のおはなし。 彼と行動していくことでアルティナは……。

心が織りなす仮面の軌跡(閃の軌跡×ペルソナ)

心が織りなす仮面の軌跡(閃の軌跡×ペルソナ)

トールズ士官学院。 この春も、多くの新入生を迎えた。 しかし、今年はⅦ組という特別なクラスが存在する。 そこに在籍するはずだった10人目の少年は、道端で倒れていた。 トールズの生徒会長トワ・ハーシェルが、彼を助けるが、本人は自分が誰すら分からない状態だった。 記憶喪失。 記憶を失った少年は、自分の名前と戦闘技能を思い出したが、それ以外はまったく思い出せない。 Ⅶ組の一員として、仲間たちと協力していくうちに、彼は失ったものを取り戻せるのだろうか。