「 艦隊これくしょん 」一覧

合法ショタ提督とショタコン鎮守府

合法ショタ提督とショタコン鎮守府

たとえば、第六駆逐隊はが人気があるように、小さいというのは、一定の需要がある。 彼女ら艦娘にも、上官に対する好みはある。 渋いじいさんや、ハードボイルドのおっさんより、彼女らが好むのは、ショタだった。 「まったく小学生は最高だぜ」 どこかの世界線で、とある高校生が、小ささに対する魅力を語るように、艦娘たちも提督に言うだろう。 「まったく、ショタ提督は最高だぜ!」

皐月と提督とバーニングラブ×2

皐月と提督とバーニングラブ×2

深海棲艦によってボロボロにされた鎮守府は放置されていた。 そこに、若い提督がやってくる。 建造システムがズタズタで、駆逐艦電しかいない。 仕方なくたまりに溜まった事務をこなしていると、ズタボロな艦娘が流されてきた。 彼女の証言からブラック鎮守府の実態を把握した新人提督は、ありえない艦娘運用法を実施する。

艦娘にハグしてみる

艦娘にハグしてみる

とある鎮守府を守る提督は、若葉と結ばれた。 秘書艦として提督のそばを片時も離れなかった。 人は人のぬくもりを知ると安心するのだという。 それは、艦娘でも同じこと。 提督のぬくもりにつつまれた若葉は心地よさを知る。 いつまでもこれに包まれていたかった。 しかし、彼女は他の艦娘にもおすそわけをしたいと想ったのだ。 そこから、提督の非行ははじまる。

死んだ目つきの提督が着任しました。

死んだ目つきの提督が着任しました。

魔王の異名を持つ人物から電話がかかってきた。 彼女の誘いにしたがって、連れてこられたのはとある鎮守府。 人類の存亡をかけて、深海棲艦と戦うために、艦娘たちが出撃をくりかえしている。 だが、八幡が連れてこられた鎮守府は、社畜よりひどいブラック鎮守府だったのだ。 八幡は、おびえながらも提督業をすることになる。