「 アイドルマスター 」一覧

NO IMAGE

顔だしNGのアイドルA

yo〇tubeに歌ってみた投稿をしている女子大生、浅間凪。 彼女は、ハンドルネーム346プロダクションからメッセージを受け取った。 「アイドルになってみませんか?」 彼女の歌声は、芸能プロダクションにティンッときたらしい。 それ以来、ほぼ毎日送られてくるメールに、根負けした彼女は、立派な扉を開けた。 346プロダクションの重い扉をくぐり、メールの送り主に出会う。 そして、彼女は思った。 わたしと似ている……?

二度目の人生はちょっと辛い

二度目の人生はちょっと辛い

葵は、ラノベでいうところの転生という現象にあった。 なぜ断言できるかというと、実体験しているからにほかならない。 男だった自分のスタイルを見れば、嫌でも膨らみを見ることになる。 彼女は、神様にあったことはないが、気づいたらそうなっていたのだ。 過去を振り返れば、壮絶という言葉で表せる。 生きる意味を見出せない。 今の自分は何のために生きているのか? そんなとき、ビシッとスーツを着こなした大男に出会う。 「アイドルに興味はありませんか?」 葵は、頭が真っ白になった。

事務所に来るとPが必ず死んだふりをしています。

事務所に来るとPが必ず死んだふりをしています。

アイドルたちを支えるプロデューサーは、過酷な仕事である。 しかし、アイドルたちを輝かせるために、下げたくない頭であろうと下げるのが仕事だ。 今日も、アイドルたちが来るまでに、スケジュールを確認しておこう。 よっこらせと、腰を上げて、振り向いたその先には――うわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp…… 出社してきたアイドルたちを待っていたのは、変わり果てたPだった。

安部菜々、二十七歳。アイドルになります!

安部菜々、二十七歳。アイドルになります!

ウサミンパワーでメルヘンチェ~ンジ! 安部菜々は、今日も346カフェで働いている。 そして、労働の後はビールで乾杯なのだ。 そんな至福のひとときに割ってはいったのは、スーツ姿の男。 彼は、菜々にこう言ったのだ。 「アイドルに興味はありませんか?」 武内Pは、灯台もとくらしとも言える場所で働く彼女を逃していたのだ。 その事実を、武内Pが知るのは、もっと後のことである。

TSした男のアイドル生活?

TSした男のアイドル生活?

人の付き合い方がわからん。 そんな愚痴をこぼすほど、人付き合いが苦手な青年がいた。 それは社会人になっても変わらなかった。 ある日、火事が起こる。 青年は身体が焼けるような感覚に襲われ、 気が付いたら、体が縮んでしまっていた! 病室で目を覚ました彼は、自分の身体ではないことを理解する。 何せ、身体を自由に動かすことができないのだ。 そんな彼に、スーツ姿の男が訪ねてきて――

NO IMAGE

346カフェで働くことは幸せなことなのかもしれない

新田は、346プロが経営している346カフェで働いていた。 高校、大学とアルバイトでお世話になり、さらにそのまま就職したという幸運の持ち主である。 さらに、可愛いアイドルとの接点も豊富であり、ファンがいたら殺気を飛ばしていただろう。 ステージでしかお目にかかれないアイドルをカフェとはいえ、その場で独占できるのだ。 これは、カフェで見れるアイドルと会話を楽しむ物語。

NO IMAGE

2周目の人生、もう一度プロデューサーとして。

アイドルに刺された。 やったんですよ、必死にっ! その結果がコレなんですよ!! 仕事をこなし、アイドルを輝く存在へと昇華させたはずのプロデューサーは、支え続けたアイドルにグサッとさされた。 死の間際でも、刺殺しようとした相手を想うのは、彼が生粋のプロデューサーだったのだろう。 そして、次に目覚めたとき、病室にいた。 だが、自身の身体にあらず。 別の人間にとって代わったようになった主人公は、アイドルに刺殺された経験があるにも関わらず、再びプロデューサーの道を進もうとする。

NO IMAGE

A.D.2012 偶像特異点 深夜結界舞台シンデレラ

そこは、陰などまったく見当たらない希望に満ちた世界。 アイドルがファンにアイドルを与え、人々は夢を描く。 しかし、残念ながら、新宿幻霊事件クリア後のマスターのみ参加可能なエリアなのだ。 マスターとサーヴァントは、そこで新たなサーヴァント"シンデレラ"と出会う。

NO IMAGE

一般人の自称おっさん、アイドル助けたら生活が変わった?

おっさんは、リストラされた。 くたびれたネクタイ、若干しわのあるスーツ。 着おさめとなると、どこかさびしい。 先の見えない未来にため息をつく。 そんなとき、偶然にもアイドルのような美しい少女に、いけないことを働こうとするチャライ野郎が目に入った。 彼は、他人にかまう余裕などあるはずもないのだが、見てしまったものは仕方がない。 いかにも弱そうなガキを一瞬にのしてしまった。 ここからはじまるアイドルとのラブストーリー……、ではなく、 おっさんの就活がはじまる?

【ティンときた】武内pが訳あってアイドルデビュー

【ティンときた】武内pが訳あってアイドルデビュー

346プロの武内プロデューサーは、自分の仕事に限界を感じ、退職。 しかし、アイドル業界とはきってもきれない縁ができていた。 アイドルイベントで声をかけられ、振り返ると黒い人がいた。 彼こそは765プロダクション高木社長。 武内は、再びアイドル業界の敷居をまたぐ。 今度は、アイドルとして。