「 ガンダム 」一覧

チョコレートの人に祝福を!

チョコレートの人に祝福を!

マクギリスは、ガンダムバエルに搭乗し、己の理想のため、散っていった。 その先で見たのは、何もない空間に羽衣を纏った天女のような少女と、ジャージ姿の少年だった。 地獄行き確定なマクギリスだったが、あれやこれやで転生することに。 彼は、愛機バエルとともに今度こそ理想を叶える? チョコレートの人に祝福を! 異世界オルガマクギリス視点?

憑依した先はCGS一軍の隊員でした。

憑依した先はCGS一軍の隊員でした。

CGSの壱番組には、彼らの中で一番強いと自負している者がいた。 彼の名は、トウガ・サイトー。 壱番組だというのに、ハエダ達から顎でこき使われている。 参番組と同じような境遇だった。 彼は、参番組とは意外と仲が良い。 なぜなら、壱番組の鬱憤ばらしをかばったり、参番組のために畑を耕したりと、何かと世話をやいているからだ。 彼が、参番組を気にかけているのは理由があった。 いずれ、オルガ・イツカが鉄華団をつくることを知っているからだ。 決して離れることのない絆。 それに、どうしようもなく憧れた。 だから、今日も参番組となかよくしよう。

もはや人間ですらない俺はどうすればいいでしょう!

もはや人間ですらない俺はどうすればいいでしょう!

ぶるああああああ! 発狂した彼の名前は、バルバトス。 テイルズではない。ガンダムだ。 バルバトスは骨董品だが、人工知能を搭載したひと際変わっているガンダムである。 だが、この人工知能は、ナビゲーションなどの役割を果たしていない。 なぜなら、個が存在しているからだ。 彼は、いつの間にかバルバトスになっていただけの、人間なのだから。 人を捨て、機械と化した彼は、搭乗者三日月オーガスとともに、行く手を阻む者を破壊する。

【詠唱開始】異世界オルガ

【詠唱開始】異世界オルガ

希望の花を咲かせたオルガ・イツカ。 銃撃から仲間を守るという死因は、実はじじい(自称神)の仕業だったのだ。 鉄華団団長を手違いで殺してしまったという罪は重い。 神だから、ゆるされると思ってんじゃねえぞ……! オルガ・イツカは、同時刻に手違い(2回目)で殺された望月冬夜という少年とともに、異世界に転生させられることになる。 オルガ「転移じゃねえか……」

指揮官でも止まるんじゃねぇぞ

指揮官でも止まるんじゃねぇぞ

鉄華団団長のオルガ・イツカ。 彼は、仲間を霰弾する銃撃の中、身を呈して守った。 そして、激動の人生に幕をおろした――はずだった。 オルガは、消毒液臭のする場所で目を覚ましたのだ。 彼を見守るように、まだ子供の少女たちが、彼の回復に安堵する。 状況整理し、自分のいる場所が異世界だと結論付けたオルガは、以前の仕事を活かして、恩返しすることを決意する。 仲間に「止まるんじゃねえぞ」と言ったのだ。 自身もその言葉を実行にうつす。

ベルが流派東方不敗継承者なのは間違っているだろうか?

ベルが流派東方不敗継承者なのは間違っているだろうか?

東方不敗、もしくはマスターアジアは、ドモンとの戦いに敗れ死んだかに思われた。 しかし、彼は魔物が闊歩する世界で目を覚ます。 第一村人なベル・クラネルは、東方不敗と魔物との戦闘に興味を抱き、彼に弟子入りしてしまったのだ。 東方不敗によって磨かれた肉体を手に入れたベルは、迷宮都市オラリオにハーレムをつくるために旅立つ。 ……そんなこと言っていると東方不敗にしごかれるぞ。