「 ガヴリールドロップアウト 」一覧

バカと天使とドロップアウト

バカと天使とドロップアウト

バカだと自覚する吉井明久は、高校生になる春に、天使学校を卒業し、下界にやってきたガヴリールに出会う。 勉強もでき、人を助ける優等生のガヴリール。 明久は、ガヴリールと友達になった。 2、3日に1度は遊ぶほどの仲になった二人だが、明久はある日、ガヴリールにゲームを勧めた。 だが、それが彼女を破滅に導くなど彼は知る由もなかったと言い訳をしておこう。 優等生のガヴリールはどこ吹く風。目の前にいるのは、輝かしい天使ではなく、目の座った堕天使であった。 やがて、二人は仲良くバカのレッテルを貼られることになる。

救われた男と堕ちた天使

救われた男と堕ちた天使

紅夕陽、ひきこもり。 小学校の頃の嫌な事件――というほどでもないが、それが原因で、彼は不登校となった。 それ以来、引きこもり。 しかし、勉強をする意欲はあったらしく、義務教育をなんとか終了し、高校に入学することができた。 他人の視線が気になり、逃げてしまうという、トラウマにおびえるような日々。 だが、今日で終わりだ。 自分を奮い立たせ、高校の入学式に挑む。 彼は、他人の視線など気にしない。 なぜなら、天使のような彼女、ガヴリールと出会ってしまったのだから。

転生オリ主ドロップアウト

転生オリ主ドロップアウト

現実とどこも変わらない場所。 聖杯のせの字もないし、近未来兵器などもない。 現実とまったく変わらない平穏な世界に転生者は降り立った。 彼は、小学生の頃、自分が転生者だと自覚した。 端からみればちょっと早めの中二病患者である。 お約束の特典をもらった転生者は、自分が血みどろな物語の世界に来てしまったと警戒している。 しかし、彼以外は全く平穏平和なのだ。 主人公はムダに警戒しつつ、天使悪魔と出会うとき勘違いが加速する。

なんか机にパンツ降ってきたけどどうすればいい?

なんか机にパンツ降ってきたけどどうすればいい?

ぐうたらなガヴリールは、ヴィーネに促されて、ネトゲひきこもりの身体を起こし、登校の準備をした。 そして、天使の力を発動したのだが、自身をテレポートするつもりが、パンツだけ学校に登校するという奇怪が起こってしまった。 本来なら、自分の机に降ってくるはずが、とある男子生徒の机に出現してしまった。 パンツが目の前にあり、クラスメイトがガン見する中、主人公がした咄嗟のいいわけとは?

ガヴドロがr-15くらいのストーリーだったら

ガヴドロがr-15くらいのストーリーだったら

あるところに天使と悪魔がいました。 天使と悪魔は種族を超えて愛し合いました。 しかし、天使は、仲間から裏切り者と罵られ、悪魔も仲間から同じような境遇になってしまいます。 天使と悪魔は駆け落ちしようとしますが、両種族の大勢が、彼らを殺害しようとします。 天使は悪魔に魅入られた。 悪魔は天使に魅入られた。 両者は大罪人。 もはや命短いことを悟った彼女は、生まれてきた子どもをひっそりとどこかへ預けたのです。 こうして、悪魔と天使の血を受け継いだ少年は、天使たちと日常を過ごしていく。