「 ダンまち 」一覧

NO IMAGE

ベルがサイヤ人なのは間違っているだろうか

戦闘力50。 サイヤ人としては、下級戦士並の力しかなかったベルに、ベジータ王激怒。 尾をちぎり辺境惑星に島(?)流ししてしまったのです。 ベルは、そこでとあるじいさんに拾われ、迷宮都市オラリオの存在を知る。 自分の兄のように、強くなりたい。 サイヤ人の誇りを胸に、モンスターと強者たちが闊歩する場所へと赴いたベルは、出会いを求めてファミリアへと行く。 別の惑星からやって来たベルは、兄を超えられるのか。 そして、スーパーサイヤ人へと至ることができるのか。

ダンジョンで神様を嫁にする為に神を目指すのは間違っているだろうか

ダンジョンで神様を嫁にする為に神を目指すのは間違っているだろうか

神ヘスティアには、家族がいない。 知り合いの神は、ファミリアは大小あれどそれなりの規模を持っている。 しかし、彼女のところにはゼロ。 神は、下界だと能力は制限されている。 だから、彼女は今日もじゃが丸くんを売っているのだ。 今日も仕事にせいを出すヘスティアだが、いつもとは違っていた。 なぜなら、公衆の面前で告られてしまったのだ。 神なのだから、人が好きになるのは当たり前? いや、彼は異常だ。 異常な程に神ヘスティアを愛してしまったのだ。 目と目が合う瞬間から、恋ははじまっていた。 そんな彼に対する、ヘスティアの返事は――。

元・英雄殺しがダンジョンにいるのは間違っているのか?

元・英雄殺しがダンジョンにいるのは間違っているのか?

バルバトス・ゲーティア。 英雄殺しの異名を持つ彼は、カイルと仲間たちの前に敗れた。 覚醒すると、そこは地獄だろうか、見知らぬ雰囲気漂う洞窟の中にいたのだ。 状況把握の前に、白兎のような少年と牛の怪物が叫びながら駆けてくる。 バルバトスは、その巨体を見ても動じぬ。 彼は自慢の斧を手に振るう。 ベル・クラネルはその圧倒的強さに見とれた。 英雄に憧れる少年と、英雄殺しが運命的な出会いをした瞬間であった。

異世界ダンジョンでハーレムを作ろうとするのは間違っているだろうか

異世界ダンジョンでハーレムを作ろうとするのは間違っているだろうか

田中太郎は、ネットで怪しい広告を踏んでしまい、企業の陰謀にまんまとはまってしまった。 ……と、思ったら、重装備で道端に寝転がってた。 何を言ってるか別れねえと思うが(r 田中は、第一商人を発見し、世界の情報を収集、なんとか迷宮都市オラリオというところにやってきた。 冒険者になるために、ギルドに行き、ファミリアをところ構わず、突撃したのだが……。

ベルが流派東方不敗継承者なのは間違っているだろうか?

ベルが流派東方不敗継承者なのは間違っているだろうか?

東方不敗、もしくはマスターアジアは、ドモンとの戦いに敗れ死んだかに思われた。 しかし、彼は魔物が闊歩する世界で目を覚ます。 第一村人なベル・クラネルは、東方不敗と魔物との戦闘に興味を抱き、彼に弟子入りしてしまったのだ。 東方不敗によって磨かれた肉体を手に入れたベルは、迷宮都市オラリオにハーレムをつくるために旅立つ。 ……そんなこと言っていると東方不敗にしごかれるぞ。