「 対魔導学園35試験小隊 」一覧

世界が俺を殺しにかかってきている

世界が俺を殺しにかかってきている

パチンッ。 オリ主、そんな運命で大丈夫か? 大丈夫だ、問題ない。 ふと中二病という単語を思い出した鯨澤聖那は、この世界ではない魔導というものが存在しない、科学技術が発達した俗に言う『現実』の世界を思い返した。 要するに、前世の記憶を浮かべていたのだ。 その単語のとおり、転生して魔法よろしくファンタジーな世界に存在することを噛みしめる。 しかし、聖那の生きる世界は、魔導遺産とか、魔女狩り戦争とか、異端審問会などなど、物騒な単語が並ぶ。 なるほど、対魔導学園35試験小隊、通称、雑魚小隊のいる世界か。 あ、これ死ぬかも……。 神は言っている、ここで死ねと。