【最初の選択肢を間違えたら】死にたくない凡人の物語

評価:B

原作:魔法少女リリカルなのは

ジャンル:転生?,憑依?

主人公:すべて並な凡人(オリ主)

投稿サイト:ハーメルン

そうして、何事もなく世界はまわるだろう

「世界は、こんなはずじゃなかったことばかりだ」
これは、地球に訪れるであろう人の名言である。
私立聖祥大学付属小学校3年の長峰という少年は、自身が入学した学校と、高町なのはの存在により、ここがリリカルななのはの世界であることを理解した。
数多な人間が、テンプレのごとく生まれ変わる候補先なのだが、長峰は魔力SSSとか、レアスキルなど一切ない、平凡な少年である。
彼は、何もしなくても物語の主人公が解決してくれるだろう、とPT事件が始まろうと無視をしようとしたのだが……。
彼の性格が許さなかった。
事件の発端となる小動物が気になって仕方が無かったのだ。
そして、彼は選択を誤った。

残念ながら、ルート確定しました

これは、平凡な主人公が、気になることは解決したい性格が災いし、選択肢を間違えたために、面倒ごとに強制介入せざるを得ない『魔法少女リリカルなのは』二次小説作品です。
「ヤメロー、シニタクナーイ!」と心の声が叫んでも、最初の選択肢を誤ったため、面倒事に首を突っ込むルートしか存在しなくなってしまいました。
小学三年生までは、普通に暮らせていたのに、きれいな青い石を手に入れてしまったのだから、もう強制されるしかないようです。
まさか、序盤から地球を離れることになろうとは誰が予想できたでしょうか。
彼はPT事件に関わる知識があり、自分の危機にならないように知識をフル活用して、自分の保身を確保します。
高町なのはとか、フェイトとか、その他の魔力量数百万保有者の傍にいたら巻き添え確定ですから、平凡な主人公が危機回避するには、ある知恵を搾り出すしかありません。
果たして、彼のとる行動が、裏目に出るか否か……。




【PC/スマホ版】死にたくない凡人の物語

【携帯版】死にたくない凡人の物語


二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村