元・英雄殺しがダンジョンにいるのは間違っているのか?

評価:B

原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか、テイルズ オブ デスティニー2

ジャンル:再構成

主人公:バルバトス

投稿サイト:ハーメルン

テイルズ界で様々な世界にひっぱりだこのお方


バルバトス・ゲーティア。
英雄殺しの異名を持つ彼は、カイルと仲間たちの前に敗れた。
覚醒すると、そこは地獄だろうか、見知らぬ雰囲気漂う洞窟の中にいたのだ。
状況把握の前に、白兎のような少年と牛の怪物が叫びながら駆けてくる。
バルバトスは、その巨体を見ても動じぬ。
彼は自慢の斧を手に振るう。
ベル・クラネルはその圧倒的強さに見とれた。
英雄に憧れる少年と、英雄殺しが運命的な出会いをした瞬間であった。

一番くじ テイルズ オブ シリーズ 20th Anniversary E賞 バルバトス・ゲーティア フェイスタオル

新品価格
¥386から
(2017/9/27 18:48時点)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ヘスティア 1/6スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

新品価格
¥12,800から
(2017/9/27 18:50時点)


紳士的なバルバトス

これは、ぶるああああ!な声が印象的なテイルズ界の裏ボス・バルバトスがダンジョンを探索する『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』二次小説作品です。
英雄の意思を受け継ぐカイルに倒されたバルバトスは、目覚めると以前と全く別の場所にいることを自覚した。
彼は、迫る魔物をいとも簡単に破壊する。
バルバトスの強さに感動したベル君に、案内を頼み、紳士的な対応で接したのです。
バルバトスはテイルズオブディスティニーをはじめ、数々の作品に出演するほどの強者。
その様子から、主人公たちに出会えば、すぐさま強制戦闘になるので、バトルジャンキーのような印象が強いです。
しかし、この作品のバルバトスは、まずは話し合いからはじめるようです。
カイルに敗れてから丸くなったバルバトス。
でも、自身に武器を向けるなら容赦はしない。
その圧倒的強さは、オラリオの冒険者では、歯が立たないでしょう。
バルバトスのファミリアミイスはどのような展開が待っているのでしょうか。


▼秘奥義を喰らってもびくともしないバルバトス



【PC/スマホ版】元・英雄殺しがダンジョンにいるのは間違っているのか?

【携帯版】元・英雄殺しがダンジョンにいるのは間違っているのか?



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村