バカと天使とドロップアウト

評価:A

原作:ガヴリールドロップアウト、バカとテストと召喚獣

ジャンル:クロスオーバー

主人公:吉井明久

投稿サイト:ハーメルン

天使を堕落させた男


バカだと自覚する吉井明久は、高校生になる春に、天使学校を卒業し、下界にやってきたガヴリールに出会う。
勉強もでき、人を助ける優等生のガヴリール。
明久は、ガヴリールと友達になった。
2、3日に1度は遊ぶほどの仲になった二人だが、明久はある日、ガヴリールにゲームを勧めた。
だが、それが彼女を破滅に導くなど彼は知る由もなかったと言い訳をしておこう。
優等生のガヴリールはどこ吹く風。目の前にいるのは、輝かしい天使ではなく、目の座った堕天使であった。
やがて、二人は仲良くバカのレッテルを貼られることになる。

ガヴリールはボケ、明久はツッコミ役


これは、吉井明久によってガヴリールが堕天した『バカとテストと召喚獣』二次小説作品です。
春は出会いの季節。
吉井明久にとって、高校生になる春がまさに人生の最高の時期だったに違いありません。
天使としか表現できない少女、天真=ガヴリール=ホワイトと出会ったのです。
実際は、天使そのものだったのですが、彼女は、明久に出会ったことによって、わずか数日で堕天してしまいます。
明久の罪はデカイ。
それから、悪魔らしくない悪魔や、天使らしくない天使よに出会います。
記念すべきクラス替えで、明久はもちろんFクラス。ガヴリールは……、まあ、言うまでもない。
Fクラスのメンバーは、学校特有のシステムを活用し、Aクラスに戦争を仕掛けるのですが、果たしてガヴリールはどのような戦いを見せるのか?


【PC/スマホ版】バカと天使とドロップアウト

【携帯版】バカと天使とドロップアウト



二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ