「 春日かなた 」一覧

NO IMAGE

【安価】赤城さんの頭ん中

とある英霊は呼ばれた。 艦娘になることを運命づけられた。 このイライラをぶつけるように、周囲に意見を募っていく。 まずは、艦娘(自身)の容姿を決めよう。 安価でな。 英霊たちの好みは総じて決まっていた。 ヤマトナデシコがサイコーに決まってるだるぉ。 英霊たちの意見が結集し、超絶美人な艦娘が誕生する。

NO IMAGE

現死神~鈴木悟~

エンリ・エモットは、必死に走っていた。 迫る剣の刃は、村人の生き血をすするかのように光る。 もうダメだ、と覚悟を決めたとき、周辺がざわめくのが、聞こえた。 目を開けると、文字通り"死"が存在していた。 漆黒のローブと、奇妙な杖を持つ骨である。 それは、エンリに話しかける。 紳士的で不安を吹き飛ばす、相手を心配させる声色で。 しまいには、おどおどした様子になった。 今だかつて、こんなアンデットがいただろうか?

【愛だよ】はぐはぐオズぼんとの軌跡

【愛だよ】はぐはぐオズぼんとの軌跡

『フフフ』 エリゼを守るために力を解放したリィンは、重低音の声を聞きながら意識を失った 目が覚めると、奇妙な違和感を感じた。 左腕に、おじさん風な人形がついているではないか!? それは、頭の中に語りかけるように、リィンに話しかける。 これは、呪いなのか!? おじさん人形は、自分のことを息子だと呼ぶ。 実は、自身が父親なのだと。 幼少の頃に、自身を理解したリィンは、父親の愛情を受けてすくすくと育つことになる。

NO IMAGE

【ニュータイプ】冷泉麻子、行きまーす!!

ガンダムに乗っていたアムロは、突如まぶしい光に包まれた。 意識が覚醒したにも関わらず、上手く声が出せない。 さらに、自分が『冷泉麻子』と名付けられた赤ん坊であることを理解した。 困惑しつつも、新しい人生を歩み出したアムロは、宇宙世紀ではない時代の、学園艦という巨大建造物で学園生活をしていた。

NO IMAGE

響だよ(中身別人)、その戦いぶり(近接が主)から不死鳥(捨てられた小鳥レベル)の通り名もあるよ

艦隊これくしょんをそれほどやりこんでいないプレイヤーは、なぜか砂浜にいた。 しかも、自分の慣れ親しんだ体ではなく、モニタで眺めていた女性の体になっていたのだ。 まさかのサバイバル生活の開始。 自分が艦娘になっていたことなどは、どうでもいいのだ。 まずは、生きるために、何をしなければならないのか。 食と住を確保するために走る響に襲来する、謎の影。 艦装もない自分に活路はあるのか?

NO IMAGE

どうして守護者がアルバイトなんてやってるのさ

世界の掃除屋と、自身を認識している英霊エミヤ。 戦いに身を置く彼は、なぜかライブハウスでバイトをしていた。 その姿からは、血の染みた手など想像もできない。 エミヤは、下っ端ながらも職務をこなす。 いずれは正社員か? それもいいだろう。 戦いのない生活で、これからステージに向かうガールズバンドの舞台を整える。 守護者エミヤの姿とは、180度違う日常もいいものだ。

NO IMAGE

【ボイスロイド学校生活】結月ゆかりの人間関係

とある学校で過ごす結月ゆかりには、慕ってくれる生徒が多い。 弦巻マキや紲星あかりをはじめ、東北姉妹までも彼女を慕う。 その間にあるのは、友情なのか、愛情なのか? クラスの中で百合の花を咲かせつつも、無口でクールな結月ゆかりは、慕ってくれる彼女の好意に気づかない?

NO IMAGE

【再会のモモンガ】至高の方々、魔導国入り

モモンガが、異世界転移してしまった後、ユグドラシルから去っていった仲間たちは、ふとギルド長を思い出した。 モモンガに対し、申し訳なさを感じたギルドメンバーは、サービス終了してしまったユグドラシルの自分のアバターデータを見つけた。 もしかしたら、という思いで、ソレに触れると、次の瞬間にはナザリック大墳墓にいたのだ。 次々と集結する仲間たちは、そろってモモンガに会いに行こうとするが……

インフィニット・オルフェンズ!

インフィニット・オルフェンズ!

俺は、どうしてここにいるんだあ…… IS学園にいる3人の男、織斑一夏、オルガ・イツカ、三日月オーガス。 世界初の、IS男性操縦者のついでに、なぜかIS学園に通っているオルガは、状況に流されてばかり。 毎日、必ず希望の花を咲かせなければいけない宿命を背負い、次の瞬間には、すぐに復活するオルガは、ミカとともに、織斑一夏の周囲のおかしさにツッコミを入れずにはいられない。

NO IMAGE

【男の戦車道!?】GIRLS und PANZER〜少年は戦車道になにを望むか〜

戦車道は、乙女の嗜み。 戦車道は、乙女の武道。 戦車道の名家に生まれた百式和麻は、その家柄、戦車道に興味を持った。 戦車を乗り回し、多くの強者と渡り合った。 しかし、その様子を見た人々は、彼の戦歴を賞賛などしなかった。 男だという理由で、彼に罵声を浴びせ、彼の心を抉った。 百式和麻は、今、大洗女子学園にいた。 男なのに、女子校にいる理由とは?