紅い雨と精霊

評価:B

原作:デート・ア・ライブ

ジャンル:TS/性転換、転生

主人公:精霊(オリ主)

投稿サイト:ハーメルン

 異空間に少年はいた。紅い椅子、紅いじゅうたん……。全てが紅い空間に少年はいた。そこにいたのは、仮面をつけた従者だった。少年は彼から自分自身の能力を知らされる。そして従者によって、女の子になってしまった。従者の説明中に、いつの間にか現界していた主人公。自分の能力も満足に使えない中、精霊として殺されずに生き残ることはできるのか。

【Amazon.co.jp限定】デート・ア ・ライブII 第1巻(つなこイラスト版アナザーデジパック仕様) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】デート・ア ・ライブII 第1巻(つなこイラスト版アナザーデジパック仕様) [Blu-ray]

KADOKAWA / 角川書店 2014-06-27
売り上げランキング : 899

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 物語は性転換という属性を持っていますが、精霊なら女性というのが「デート・ア・ライブ」の世界。違和感無いと思います。「デート・ア・ライブ」の二次小説は、オリ主として男性で、人間側であることが多く、女性でしかも精霊視点というのは、珍しいものがあります。世界設定は原作小説及びアニメを見ていると理解しやすいと思います。

【PC/スマホ版】紅い雨と精霊

【携帯版】紅い雨と精霊

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村