比企谷八幡は星脈世代である。

評価:A

原作:学戦都市アスタリスク,やはり俺の青春ラブコメは間違っている

ジャンル:クロスオーバー

主人公:比企谷八幡

投稿サイト:pixiv

 

化け物ではない。ボッチだ。

 
影が薄い。
目が死んでいる。
比企谷八幡を一言で表すなら、これがふさわしい。
そんな彼が、クラスメイトの女子に告白をしたことがきっかけで、彼の星脈世代(ジェネステラ)の力が公になってしまった。
彼の周囲は敵だらけ。
彼の居場所はここにはない。
現状に絶望していた彼の前に、ファム・ティ・チャムと名乗る女性が現れた。
八幡は、彼女に強制的にアスタリスクへ連れて行かれる。

 

 

学戦都市アスタリスク 刀藤綺凛 1/8 完成品フィギュア[アスパイア]《06月予約》

 

超人の園へようこそ

 

これは、星脈世代な比企谷八幡が戦いを強制される『学戦都市アスタリスク』二次小説作品です。
比企谷八幡は周囲に絶望し、キレたことで驚異的な力を公にしてしまいました。
彼が星脈世代だったことが発覚し、強制的に水上学園都市に通わされることになります。
もともとボッチだった彼は、ステルスヒッキーなどと呼ばれていますが、この作品では、息を潜めて戦うなどしません。
范星露の思惑によって、多大な力を与えられた八幡は、もはやボッチなどではなくなったのです。
もう過去の自分には戻れない。
有名人になってしまった八幡に平穏は訪れるのか?

 
 

 
比企谷八幡は星脈世代である。
 
シリーズ「やはり俺の学戦生活はまちがっている。」
 
 

二次小説 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ