【人間武器庫】落第騎士の英雄譚~筋肉の信仰者~

【人間武器庫】落第騎士の英雄譚~筋肉の信仰者~

折場泰山という巨人がいた。 2メートル以上はあるその身体は、見る者を威圧させる。 黒鉄一輝ですら比較にならないほど、ひと目で分かる筋肉はとても美しい。 彼は、筋肉さえあれば、たいてい解決できると信仰している筋肉モリモリマッチョマンの変態だ。 だが、彼はコマンドーではない、伐刀者だ。

畜生道からごきげんよう

畜生道からごきげんよう

残念、君は野生動物に転生した。 主人公は、人間から転生した自分の姿に驚愕した。 あのサバンナでも食物連鎖の上位に立つ、チーターになっていたのだ。 人間から外れた悲しみもつかの間、さらなる事態が主人公を襲う。 次の瞬間には、人間の手足を持つ美少女になっていたのだ。 自分の知識からジャパリパークのフレンズという言葉を引っ張り出した主人公は、生前の冒険家の夢をかなえるため旅をする。

ロクでなし魔術講師と半端者

ロクでなし魔術講師と半端者

ハーレムだかハーレスだったか? そんな名前の担任講師は、比企谷八幡は自分の手には負えないと教育を放棄した。 セリカ=アルフォネア教授の助言で二年次生二組への移籍がきまった。 その組には、非常勤講師がいるらしい。 明日がこなければいいのに……。 そして、誰かから仕組まれたように、グレン=レーダスと再会する。

【文学アイドル】鷺沢さんがオタク化したのは俺の所為じゃない。

【文学アイドル】鷺沢さんがオタク化したのは俺の所為じゃない。

書店で人気タイトルなラノベの取り寄せをお願いした。 そのとき出会った店員さんは、きれいな人だなあ、という感想した浮かばなかった。 しかし、彼女は注文した本に興味を持ったらしく、根ほり葉ほり聞いてくる始末。 まさか、文学少女にお近づきなれるとは。

【ヒーローはいない】灰色の愛情

【ヒーローはいない】灰色の愛情

聖イシドロス大学に通っている学生は、大学に行くところで奇妙な会話を耳にした。 それは、事件なのか、事故なのか。 それが何度も起こると不気味に思えてくる。 彼は、不気味な光景を見てしまった。 人が人を喰らうところを。 日常がファンタジーに見えてしまうほどの衝撃に耐え、彼は自由にも似た感覚を謳歌するのだった。

うたわれるもの 別離と再会と出会いと

うたわれるもの 別離と再会と出会いと

兄から託された願いを叶え、人類を導いた存在、ハク。 ハクオロから託された力を駆使して、彼はついに実現したのだ。 しかし、オシュトルとして戦場をともに戦ってくれた仲間はもういない。 ウィツァルネミテアの気まぐれか、ハクは生体カプセルの中で目を覚ました。 そして、雪山で最愛の人と再会を果たす。

ロクでなし魔術講師と超電磁砲

ロクでなし魔術講師と超電磁砲

ラクス・フォーミュラには、魔術の才能がなかった。 しかし、電気のことならまかせたまへ。 座学は良いが、実技はダメダメ。 しかし彼は、とあるの超電磁砲を再現するために、魔術の研究をしていた。 研究がなかなか進まず、技の実現も夢想なのかと思ったところに、ロクでなし魔術講師がやってきた。 彼と出会ったことで、主人公の真の能力が花開く。

心浸 ー天才のナルトと落ちこぼれのサスケー

心浸 ー天才のナルトと落ちこぼれのサスケー

「逆だったかもしれねえ」 ふいにナルトが発言した言葉である。 その世界では、ナルトは天才だと評価され、サスケは落ちこぼれと評価されていた。 彼は写輪眼を開眼していない。 それでも諦めない。 原作では一族を殺され、力を求めてスレていくのだが、この世界のサスケは違う。 ナルトとサスケは、どのような物語を紡ぐのか。

また僕は如何にしてゾンビを怖がるのを止めて火炎放射器を愛するようになったか

また僕は如何にしてゾンビを怖がるのを止めて火炎放射器を愛するようになったか

巡ヶ丘を襲ったパンデミック。 それは、徐々に進行し、人をゾンビへと変えていく。 そこは、滅んだ世界。 目の前で全てをうばわれた少年は、怒りのあまり狂っていた。 武器を手にし、強靭な肉体を手にし、さらに火炎放射器を装備した。 ゾンビに一片も慈悲はない。 彼は、自分が狂人だということに気づかない。